1977_11_気絶するほど悩ましい_Char






今回の1曲セレクトは、「気絶するほど悩ましい」Charです。

 まずはデータです。

・タイトル    気絶するほど悩ましい
・アーティスト  Char
・作詞      阿久悠
・作曲      梅垣達志
・編曲      佐藤準
・リリース日   1977年6月25日
・発売元     キャニオン
・オリコン最高位 12位
・売上げ枚数   21.4万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 10位
・ベストテンランクイン期間:1977年12月5日付

 カバーブームって、未だに何年か一度起こるな。最近はカバーというよりも、コンピ盤の方が盛んだけどさ。
 まあ、最近のカバーって、大体が、ショボイBGM的なカラオケなノリの曲が多くて、ほとんど興ざめなんだけどねぇ。。。

 ところで、カバーブームって日本ではいつ頃からあるんだろう? 

あ、やべぇ、これは、愚問だな。 だいたい、日本の戦後ポップスはカバーから始まったといっても過言じゃないんだ。。。

 うん、日本の曲をカバーするっていうカバーブームに限定してみましょう。

 どーなんだろ? まあ、昔から、ちょぼちょぼはあったんだろうね。

 個人的に、タイムリーで経験してきた、最初のカバーブームは、81〜82年にかけてのカバーブームだな。

 そそそ、石川ひとみの「まちぶせ」に端を発したカバーブームよ。特に82年はいっぱいあったもんなぁ。
 70年代アイドルの代表的な曲は、大体カバーされたんじゃない?


 で、今回引っ張って来た、「気絶するほど悩ましい」ですよ。

 うん、この曲は、いまやギターの神様的存在になった、Charが77年に放った大ヒット曲ですわ。

 でも、ワタシャ、最初に、この曲を知ったのは、82年にカバーされた、沖田浩之バージョンだったなぁ。


 ↓ これこれこれ 



 今聴くと、沖田のボーカルが完全にCharを意識してるっていうのが、よく分かるんだけど、当時、聴いた時は、なんかすごくドラマティックに聴こえたな。
 サビで転調するところがドラマティックなんだよね。そこまで、マイナー調で通して、サビでメジャーに転調するって、ま、よく使うワザなんだけどさ。

 もちろん、あの時点では、Charっていうヒト自体知らなかったのよ、ワタシャ。


 存在知ったの、いつだったろ?  よく覚えてないな。

 でも、気がついたら、ワタシの手元にゃ、沖田浩之バージョンではなく、オリジナルのCharバージョンの音源があったりする。

 沖田浩之バージョンは、完全に歌謡曲と化している、この曲だけど、オリジナルは、もっとドライブががってるんだよね。歌謡ロックになってる。

 Charのギターテクニックもそこそこ、抑え目になっているし。。。

 ま、完全にヒット狙いだよな、Charとしては・・・。っていうのが、ミエミエ・・・・いやいや、よく分かる曲調よ。

 うん、やっぱ、ヒットを狙うには、「歌謡曲」の要素は不可欠ってわけなんだろうね。

 っつうか、Char本人としたら、この曲で本気にヒットを狙っていたか・・・っていう、これは、完全にマネージメントサイドの話でさ。最初は、歌いたがらなかったんだよね、たしか。

 まあ、その辺は、よく分かりますよ〜。 別に本気でヒット狙いじゃない、ギター小僧のCharからしてみれば、これは、いかにもヒット狙いの歌謡曲に映るよな。

 でも、まあ、逆に、ヒット曲を聴いてる、こちらサイドしてみれば、カッコいいわけなんだけどね。


 ・・・あー、何書いてるんだか、よくわかんなくなってきた。ふらふら

 端的にいうと、ワタシャ、この曲好きです。77年っていう時代性が見えてきたりして。うん、日本のロックは、まだ、コノくらいだったのですよ〜。
 でも、この曲以前は、ロックは商売にならないっていうのが、日本の音楽界の定説だったわけだけど、そのジンクスを破った1曲としても価値があるんだよね。 この曲をきっかけにして、ロックも急速にお茶の間に浸透してくるんだよね。



1977年の「NHKロックフェスティバル」だって。 NHKでこんな番組放送してたんだ。。。ちょっと驚き。。。
 「不良」の音楽ですぞ、NHKにしてみれば。。あせあせ



よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村