1987_10_秋のIndication_南野陽子






今回の1曲セレクトは、「秋のIndication」南野陽子です。

 まずはデータをば

・タイトル    秋のIndication
・アーティスト  南野陽子
・作詞      許瑛子
・作曲      萩田光雄
・編曲      萩田光雄
・リリース日   1987年9月23日
・発売元     CBSソニー
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   18.9万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 5位
・ベストテンランクイン期間:1987年10月5日〜10月26日付
・グリコ「セシルチョコレート」CM曲


・・というわけで、今回はマクラなしで、直接行きまする。

「秋のIndication」です。

 この曲は、いかにも「秋」だよなぁ・・と感じさせる曲だよなぁ。シットリ適度な湿り気がある落ち着いた雰囲気がいかにも秋を連想させますよね。萩田氏お得意の世界っていう感じなのかなぁ。

 この曲は作曲も萩田氏なんだよね。これは、結構 めずらしいよね。いつもはアレンジ専門なんだけど・・・。
まあ、大村雅朗氏に作曲よる松田聖子の「SWEET MEMORIES」のようなもんか。アレンジャーも作曲はするんだぞー・・と訴えかけていますねぇ。

 でも、まあ、芦屋のお嬢様的、雰囲気のナンノには、ぴったりの雰囲気の曲でしたよ。


 この曲たしか、グリコ「セシルチョコレート」のCM曲だったよね。

↓コレ


そそそ、「コーヒーチョコ」。これ好きだったんだ。


・・で、気になることが一つ。

CMでは、サビの部分
♪ルルル ほろ苦い ルルル 青春は きっと 大切な季節♪

ってまちがいなく歌ってましたよね。

 しかーし私が持ってる音源は

♪きっと ほろ苦い きっと 青春は きっと 大切な季節♪

に聴こえるの。。。。

これって耳の錯覚? それとも、バージョン違いってあったんでしょうかねぇ? この曲。 

・・・ってずいぶん「疑問」に思ってたんだけどさ、「wikipedia」を見たら、その辺ちゃんと書いてあったねぇ。
なるほど、「ルルル」の部分が「きっと〜」になっているのは、『NANNO-Singles』に収録されている、別テイクだったか。。。
たしかに、個人的に持ってる音源は、「NANNO-Singles」なんだけど。。。

でも、どうも、違和感あるんだよなぁ。 やっぱ、「ルルル〜」の方が気分がでますわ。


しかしだ、なんで、この曲、まともなのがYou tubeにおちてないの? しょうがないから、他のサイトにリンク

http://www.dailymotion.com/video/x2ygs11

音は良いけど、若干、音飛びしてます。。。。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村