1979_10_しなやかに歌って_山口百恵






今回の1曲セレクトは、「しなやかに歌って」山口百恵です。

まずはデータです。

・タイトル    しなやかに歌って
・アーティスト  山口百恵
・作詞      阿木耀子
・作曲      宇崎竜童
・編曲      川口真
・リリース日   1979年9月1日
・発売元     CBSソニー
・オリコン最高位 8位
・売上げ枚数   27.1万枚
・ザ・ベストテン最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1979年9月27日〜11月22日放送分

 昨日言及した、河合奈保子さん、ヒデキに続いて、山口百恵さんも10月はヒット曲が意外と多いんだよね。
なので、今月は何曲か書くことになると思いますわ。
 当時は、新曲は3ヵ月ローテーションリリースが基本で、特に4半期末月の9月頃リリースって多かったからなぁ、特に「強力」アーティストはその傾向が強かったですからね。まあ、レコード会社も、次の4半期に向けて、4半期締めの月は確実に(売り上げが)見込める、強力アーティストで・・・って言う事になったんだろうけどね。
ということで、今月は、結構強力アーティストの曲が揃っているんだけど、逆に「選曲」って面では、どう出していこうか、意外と悩むんですよ。

・・・まあということで、ここいらで山口百恵さんの曲を持ってくるか・・・・今回は79年の「しなやかに歌って」

 この曲は、ややマイナーなハード気味な曲が続いた、79年の山口百恵の中でも、もっともソフトで軽い曲でしたよね。

 おそらく、作り手側も、ハード路線が続いてきた・・ってことと、季節的なこと、それから時期的に音楽祭っていうのも、にらんで、やや軽めな曲を持ってきたんでしょうけどね。

 ただ、個人的には、この曲が好きでねぇ。 当時8トラのカラオケでよーく、この曲を歌ってた記憶があるんですよね。

 うーん、なんつうのかなぁ、山口百恵のハード路線って、たしかに味があるんだけど、下世話なんだよね。
 まあ、のちに中森明菜にも引き継がれるツッパリ路線でもあるんだけど・・・。

 対して、ソフト路線のこの曲には下世話な匂いがほとんどしないんですよ。ヨーロッパ系っていうか、どこか地中海の爽やかな風っていう、ちょっと高貴な匂いがするんだよね。

 特に、

♪ すがおのままで 私は一人 あなたの帰り まっているのです〜 ♪

の件の部分。 ここのメロディラインとコード進行のマッチングがアンニュイでグッドなのですよ。

 当時「いわき」という田舎町にいたワタシでも気分はシチリアでしたよ、この曲を聴いた時は・・(←なんて大げさな表現!)

 ところで、この曲はアレンジはいつもの萩田光雄氏ではなくて、川口真氏だったんですねぇ。
 うーん、だから、いつもとイメージが違うんですわね。ヨーロッパ的なイメージっていうのは、どうも、アレンジャーの川口氏の影響ですよね。

 前にも書いたように川口氏のアレンジはベースラインが特徴なんだけど、この曲もその特徴がでてますよね。

 Bメロの部分

 ♪夜は 33の回転扉、開ければそこにも愛が あふれているのに〜 ♪

のベースラインなんて、凝った動きですしね。

 続く

♪ レコードがまわるだけ あなたはもういない ♪

のコードレスで、バックにハープだけながれているっていうアレンジも素敵だったしね。

 そんな感じで、コノ曲はアレンジの勝利っていう曲だったんぢゃないかなぁ。

 ま、それでも、やっぱし、世間はもっと下世話な曲が受けてた時代だから、セールス枚数は、落ちてましたけど。。。

 オリコンでは最高8位。


 それでも、「ザ・ベストテン」では1位取ってるんだよね。
このあたり、オリコンと随分、差があるよなぁ・・というかんじだけど、まあ、これまでも何度も書いてるように79年の、このじきってレコードセールス上位のアーティストとハガキ上位のアーティストって食い違いが激しかったからねぇ。

 その代わりどの曲も得点が伸びずに、この曲にしたって1位の時の得点は8300点でしたからねぇ。

 しかも、上位、下位との得点差も薄くて、2位⇒12位・・・なんていうベストテン史上初のベスト3内からいきなりベストテン圏外・・なんていうチャートアクションも見せておりました。

 そんなことで、この曲を覚えている人も多いんぢゃないかなぁ。


 そういえば、この曲のサブタイトルが「80年代に向かって」って言うんだよね。
 なんか、時代を感じるサブタイトルだよねぇ。

 でも、考えてみれば、このころ婚約発表をしたわけで、すでに、この曲の頃には山口百恵自身、その先を見越していたんだろうなぁ・・ということを勘ぐって見たりして。。



結果的に最後の「紅白」となった、昭和54年の紅白より。
歌う姿はさしずめ「菩薩」と言われた、山口百恵だけど、この時は「アイドルスマイル」だったんですねぇ。
最初静止画で見た時、浜崎あゆみかと思っちゃいましたよ
なんて、書いたらクレームが来るんだろうな、きっと



よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村