1994_09_Hello Orange Sunshine_JUDY AND MARY






今回の1曲セレクトは、「Hello! Orange Sunshine」JUDY AND MARYです。

まずはデータです。

・タイトル     Hello! Orange Sunshine
・アーティスト   JUDY AND MARY
・作詞      YUKI
・作曲      恩田快人
・編曲      JUDY AND MARY
・リリース日      1994年8月21日
・発売元     エピックソニー
・オリコン最高位 22位
・売り上げ枚数 9.9万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 24位

 よくgooランキングとかで「もう一度再結成して欲しいバンド」なんかのアンケートをやると分かるけど、未だに人気が衰えないバンドってあるんだよなぁ。
 この間も、同じアンケートのランキングやってたけど、1位はBOOWYでしたね。まあ、このヒトたちは、ワタシらの年代では「ネ申」バンドですから。。。 あたりまえっちゃ、当たり前のような感覚があるんだけどね。特にワタシらの年代としては。。。

 で、ワタシらより下の年代・・・今の30代あたり? ・・・で今でも圧倒的に人気があるのがJUDY AND MARYなんだよな。

そんな今回は、そのジュディマリから、1曲セレクトしてきますか。

・・・でも、今回セレクトしてきた曲は、まだ本格ブレイク前、1994年の今頃ヒットしていた「Hello! Orange Sunshine」

うーむ、まあ、熱狂的なジュディマリファンならいざ知らず、一般の方は、意外と、この曲あたりは知らなかったりするかなぁ。。。。
 ジュディマリが本格ブレイクしたのが、翌95年6月の「Over Drive」だったから、それよりも約10ヶ月まえの曲になるんだけど。。。

でも、個人的には、この曲が最初だったな。ジュディマリを知ったのは。 最初に聴いたのが、ここでも何回か書いてるけど、bay fmの「パワーカウントダウン」。
 この曲、大ブレイクではなかったけど、一応、ランキングで30位内には入ってきてましたからねぇ。当時、パワカンにランクインしてきた曲を片っ端から、カセットに編集してたんで、それで認識があったんだよね。

でも、正直、一発屋だと思ったんだよなぁ、最初はさ・・・というより、「Over Drive」が大ブレイクするまでは、そう思ってたんだよね。

 当時は、まだLINDBERGが強かったからさあ、LINDBERGの2番煎じっていうイメージに感じたんだよね。
バンドの編成も、ボーカルが女の子って言うのも同じだったわけじゃん。

ただ、この「Hello! Orange Sunshine」って曲は、ミョーに引っかかったんだよな、個人的にも
サウンド的には、最初は演奏も雑だし、やかましいだけやんけ・・・なんて思ったんだけど、それにしてはポップなんだよね。ポップという点は、あの頃のLINDBERGには無かったからさあ。
 YUKIのボーカルも可愛らしかったからなぁ。まあ、94年時点では、まだ「可愛い」ボーカルが売れるかどうかっていうのは未知数だったからねぇ。そういう方向で売れてたバンドって居なかったし・・というか、可愛いのはアイドルだったからな、あの時点では。そう言う点では、まだまだイロモノバンドだったんだよね。
イロモノバンドのような感じだったからこそ、一発屋だろうな・・・なんて思ったんだけどさ。

だから、「Over Drive」で大ブレイクしてきた時はまさかまさか・・・だったよなぁ。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村