1984_09_愛・おぼえてますか_飯島真理






今回の1曲セレクトは、「愛・おぼえてますか」飯島真理です。

まずはデータです。

・タイトル    愛・おぼえてますか
・アーティスト  飯島真理
・作詞      安井かずみ
・作曲      加藤和彦
・編曲      清水信之
・リリース日   1984年6月5日
・発売元     ビクター
・オリコン最高位 7位
・売上げ枚数   27.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 9位
・ベストテンランクイン期間:1984年8月27日、9月10日〜9月17日付
・タイアッブ:映画「超時空要塞マクロス 愛・おぼえてますか」主題歌

えー、先ほどの岡崎友紀さんの「ドゥユーリメンバーミー」に引き続いて、またまた、安井かずみ−加藤和彦夫妻の作品をセレクト。

ここんところ、もう、何年もアニメ系楽曲が元気だわな。ヒットチャート・・というよりオリコン限定なんだけどさぁ、毎週のように入れ替わり立ち替わり、アニメ&ゲーム系のタイアップ曲がランクインしてきたりして。。
まあ、最近はAKB、ジャニーズ、そしてアニメ系しか「CD」というメディアは売れなくなってるからな。当然、CDの売り上げだけでチャートを決めてるオリコンとしては、そうなっちゃうわけだけど。。。
 
でもね、振り返ってみると、時代のところどころでアニメの主題歌が元気だった頃があるんだよな。
  まあ、常に、人気があったわけではないけど、時代時代に点々としてアニメ主題歌が「元気」な時があった・・ってかんじなんだけどさ。

・・で、考えてみると83年〜84年ごろもそんな傾向の真っ只中にいたんではないかなぁ。

今回はそんな時代の1曲ですわ。


 愛・おぼえてますか  飯島真理


 はい、映画版アニメ「超時空要塞マクロス」の主題歌ですわね。
・・・・とかいたところで、私、これ見てないんですよ・・・というかマクロス自体見てない。。。。
 やっぱし〜、私ゃ、「ガンダム」派なもので

ということで、アニメ自体はどういうものか・・っていうのは、よくわかんないんだけど、この曲はよかったですねぇ。
そそそ、ワタシ的には、この曲そのもので、引き込まれちゃったんだよな。

飯島真理っていうヒトは、今で言ったら「萌え系」に近いんだよね。声質がかわいらしいっていうか・・・。

 この時、大学1年生でしたよね。たしか。 えーと、某国立音大の1年生だったかな?(ちなみに3回目の。。。)

 そのわりには、見た目にも実際の声も幼かったんだよねぇ。中学生っていってもわかんなかったかも。。。 しぐさもブリッ子的だったしな。

やっぱり、萌え〜 なんですねぇ。

 そういえば、国立音大・・といえば、ずっと後になるけど、MY LITTLE LOVERのAKKOも国立音大ですよね。
 どうも、国立音大は、こういう「可愛らしい」声の方が多いのかしら?
 遊佐未森・・はちょっと違うかもしけないけど。。


またまた、話がずれた

うーん、曲の温度感っていうのかな。夏終わりの昼下がりっぽいちょっと夏の匂いが残るアンニュイな感じっていのうかな。
夏休み終わりの寂しさとともに、ゆったり流れていく午後の時間っていう感じの空間ができているんですよね。

うーん、加藤&安井 コンビは、もちろん夫婦なんだけど、メロディ自体は簡単な曲が多いんだけど、こういうアンニュイというか、ちょっとサイケっぽい色合いのサウンド、メロディラインが特徴ですよね。

この曲もメロディラインは、本当に簡単なんだけど、耳に入ってきたときの感触がなんとも言えないものがあるんですよ。

特に、大サビの

♪ もう一人ぼっちじゃない あーなたがー いるからー♪

って、飯島真理がファルセットでささやくようにうたうところ。

 うわ、もうどうになってもいい・・・・って思えちゃうもん。
 うん、一種の麻薬のようなもんだよね。これは。


そういう、独特な世界観を書いてらっしゃった安井かずみ女史も、加藤和彦氏も、すでに、この世にはいないわけで・・・・。
 ほんとに、ヒット曲界としては、惜しい方々を早くに亡くしてしまったって言う感じだよなぁ。





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村