1980_09_ドゥユーリメンバーミー_岡崎友紀






今回の1曲セレクトは、「ドゥユーリメンバーミー」岡崎友紀です。

まずはデータでーす。

・タイトル     ドゥユーリメンバーミー
・アーティスト   岡崎友紀
・作詞       安井かずみ
・作曲       加藤和彦
・編曲       加藤和彦
・リリース日    1980年6月25日
・発売元      ワーナーパイオニア
・オリコン最高位 18位
・売上げ枚数    16.8万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 18位


うーん、データには、アーティスト名、岡崎友紀にしちゃったけど、この曲に関しては、YUKI OKAZAKIのほうがよかったですかね?

この曲は、元アイドルで女優の岡崎友紀さんが、結婚後、ゲーノー界復帰した時に出したレコードですわね。
その後、すぐに離婚しちゃったけど。。。 

まあ、そんなことはゲーノー界よくあることで、特にめずらしくもないんだけど、この曲はよかった!
なんか、うまくダッピできたというかね、イメチェンするにはそこそこうまいところ突いたんではないですかねぇ。

曲の下敷きはロネッツの「ビーマイベイビー」。
ややサイケっぽい音色のシンセがのっかってるっていう、この時代としての新旧入り混じったような不思議な感覚な作品なんですよね。

モノの本によっては、(フィル)スペクターサウンドとなっていたり、丁度同時期ヒットしてた、ジューシーフルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」と対になってたりして、要は「テクノ」として扱われたりして・・。まあ、そんな感じでどうとも取れる作品なんですよね。

 個人的には、テクノというよりは、これはフィルスペクターだよね・・・って思うけどな。いわいるウォール・オブ・サウンド。

 まあ、フィルスペクターといっても、故大滝詠一大先生のような、完全主義者的な模倣ではなく、あくまでイメージとしてなんだけどね。

 それでいて、メロディラインは、十二分にキャッチー。どこからでも入っていけるようなメロディラインなんで、初めて聴いても、すぐにこの曲に入り込めるような感覚がありますよねぇ。


・・・・・・なーんて、分かりきったように書いてるけど、じつは、ワタシ、ヒット当時は、この曲知らなかったのよ

あ、いえ、もしかすると聴いていたのかもしれないけど、記憶にない。

結局は、ベストテン入りしていなかったなんだけどね。なにぶん、まだ、このころは福島の田舎にいたし、ベストテン入りした曲以外は知らなかったしね。

 ちゃんと聴いたのは、実は大人になってからなんですよね。

もちろん、2001年にキタキマユでカバーされるよりは前でしたけどね。
 ただ、キタキマユでカバーされて、改めて、ちゃんと聴いて、さらに認識を高めたのは確かだけど。。
 もちろん、今では大好きな1曲ですよ!

 いや、このカバーバージョン、どこまでもオリジナルの岡崎友紀に瓜二つなんだよなぁ。

 普通カバーっていうと、アレンジも変えちゃうのが常だけど、、ほとんどオリジナルに忠実にそったアレンジっていうのが、逆に新鮮だったんだよね。

それ以前に、この曲、結構いろいろとカバーされてますよね。 ribbonとか・・・。 だれのカバーバージョンを聴いていたか・・・である程度の年がバレちゃったりして。。。
その中でも、キタキマユバージョンが素直で一番、この曲らしいとは、個人的には思ってますけどね。


あ、だけど、この1980年の秋ごろって、女優さんがレコードを出すってパターンが多かったよね。
 ま、岡崎友紀さんも、女優をやっているということで書いてるんだけど、多岐川裕美の「酸っぱい経験」とかさ、桃井かおりとか・・・。それでいてヒットしてたりしてね。 一時期流行だったんだよねぇ。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村