1985_07_悲しみにさよなら_安全地帯






今回の1曲セレクトは、「悲しみにさよなら」安全地帯です。

 まずはデータでーす。

・タイトル     悲しみにさよなら
・アーティスト   安全地帯
・作詞       松井五郎
・作曲       玉置浩二
・編曲       安全地帯
・リリース日    1985年6月25日
・発売元      キティ
・オリコン最高位  1位
・売上げ枚数    44.3万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1985年7月15日〜10月7日付

自分のサイトの掲示板みてたら、「安全地帯の曲は書かないんですか?」っていう書き込みがあった。

 うーん、いやぁ・・・、まあ、書かないんではなくて、ひとつはいままで通り過ぎてきちゃったっていうかねぇ、なんて言うかねぇ・・・(⇒答えになってない。。。)

 どーも、いまいち、このヒトたちの曲って表現に難しいんだよなぁ。。。
 玉置浩二が「難しい」顔して歌ってるから、こちとらも書くのが「難しい」・・・・っていうわけ・・・・でもなんだけどね


 でも、さすがに、この曲は、通り過ぎるわけには行かないよなぁ。。。
 なにせ、「ザ・ベストテン」の1985年年間ベストテンで1位だった曲ですよ〜。


 へえ、そうなの? ・・・・という方、  そーなんですよ 川崎さん(⇒死語!!!!!)


 ちなみに、当時、「ザ・ベストテン」の年間ベストテンで1位をとった曲は、その年のレコード大賞も受賞する・・・みたいな、ほとんど根拠もない法則があったりしてさ。。。


1981年 ルビーの指環  寺尾聰
1982年 北酒場     細川たかし
1983年 矢切の渡し   細川たかし
1984年 長良川艶歌   五木ひろし


・・・とねー、「ザ・ベストテン」の年間1位と、レコード大賞が合致してたんだよねぇ。


・・・・ということは、この曲も「レコード大賞」???


 とだれもが思ったものだけど、結果は、中森明菜「ミ アモーレ」がこの年のレコード大賞だったわけだよね。

 うーん、いまおもうと、この法則を崩したのが、レコード大賞の権威を崩した・・・・・


 ・・なんて、レコード大賞の話をしているわけではないんで、元に戻しましょう。。。(爆)

 この「悲しみにさよなら」は、曲がよかったんだよね。とかく、安全地帯っていうと、上でも書いたように、ボーカルの玉置浩二が眉間にシワよせて、とつとつと歌う・・・って言うような曲が多かったじゃん。
 アップテンポであろうが、ミディアムであろうが、スローバラードであろうが、ほとんどマイナー系な曲でさ。
 まあ、それが、この人たちのトレードマークのようなところがあったわけだけど、でも、やっぱり聴く方も肩に力入っちゃうような曲が多かったんだよね。

 だから、どっちかというと冬場は、まだよくても、夏場に好んで聴きたいアーティストぢゃねーな・・・というかね。

 現にこの曲の前年の84年は、その年の頭にブレイク曲「ワインレッドの心」が大ヒットしたのにもかかわらず、夏場はヒットに恵まずに終わってたりする。


 だから、反省したのですかねぇ、この曲は、肩の力を抜いたようなカジュアル感がある、「メジャー系」の曲だったもんねぇ。

 まず、これが目新しいかったんですよ。だから、おもわず、「お?」・・・って言う感じで素直に曲に入れこめたんだよね。

 ただ、後年の玉置のソロの大ヒット「田園」もそうである様に、このヒトの「メジャー系」の曲って悪くないんだよね。
 斉藤由貴の「悲しみよこんにちわ」なんかもよかったし。。。


 余談になるけど、1985年に「悲しみにさよなら」だったくせに、翌年1986年には「悲しみよこんにちわ」っていうのは、、これ、いかに。。。。。

 ・・・なんてよく言われたよね。

 玉置氏自身、なんか、うまくないことがあったんですかね。。 なんて、かんぐりたくなる、玉置氏作曲のラインナップだったりして・・・。


 しかしさ、この「悲しみにさよなら」って、こんな真夏の曲っていうイメージはないんだよね。
 ここのところはずっと、5月〜6月がヒットのピークだとばっかりイメージしてたな。
 でも実際は、今季節から秋口にかけてがヒットのピーク。

 うーん、やっぱり、この1985年も天候不順な夏だったからなぁ。。。。 真夏の太陽の下で・・・・っていうイメージをずっと持ってなかったのも、当然なのかもしれない。

 季節感と 天候と ヒット曲のイメージってやっぱり、密接に関係しあうものなんだよねぇ。。。


 ちなみに、この曲のジャケットは、曲に反して、個人的にあんまり好きくはないなぁ。
 曲のイメージ・・・・広い大地の〜 っていうのが見えないもの。。





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村