2015_06_シュガーソングとビターステップ











・タイトル    シュガーソングとビターステップ
・アーティスト  UNISON SQUARE GARDEN
・作詞      田淵智也
・作曲      田淵智也
・編曲      UNISON SQUARE GARDEN
・リリース日   2015年5月20日
・発売元     トイズファクトリー
・タイアップ:MXTVアニメ「血界戦線」エンディングテーマ曲

 ここんところ、オリコンをはじめ、その他メディアのいわいるヒットチャートを見ていると、「おや?」って言うチャートアクションを見せている曲があるんだよね。
 それが、今回、引っ張ってきた、UNISON SQUARE GARDENっていうヒトたちの「シュガーソングとビターステップ 」なんだけどさ。

 最近の曲って、(曲の)出し手側も売り手側も、最初っから「大衆狙い」はせず、そのアーティストが好きな人しか相手にしない売り方をするんで、得てして、チャートは、「初動」だけ瞬発的に売れ、そのアーティストが好きなヒトの購入があらかた済むと、一気にチャートを落ちていく、いわいる直線的「右肩下がり」なチャートアクションを見せる曲がほとんど。

 でもさ、この曲、落ちないんだよランクが。 それどころか、週ごとにランクアップしていく傾向にある。
これは、少なくとも彼らのこれまでのファンだけでなく、これまでのファン以外のいわいる「浮動票」が集まってきている証拠なんだけどさ。

正直、UNISON SQUARE GARDENなんてヒトたち、個人的には、全く知らないからさ、このチャートアクションにはちょっと泡を食ってる状況なんだよな。


曲を聴いてみた。

ゴメン!  ワタシには、この曲がいいところ・・っていうのは良く分からんですわ。 

・・・どうも、「コレ」という目新しさを感じないんだよなぁ。 ポップスと歌謡曲とロックを融合したような曲調で、聴きやすい曲ではあるんだけど、それでも、このテの曲は他にもいっぱいあったよ。いや今でも、他にいっぱいあるよ・・・と言う感じで。
 
おそらく、ボーカルの斎藤氏の草食男子系な声質もそうだけど、ポップスよりの聴きやすいロックは、恐らくKANA-BOONあたりを意識して・・・って事なんだろうけど、個人的にはKANA-BOONもよくわかんないんだよな。

 まあ、世代的な軋轢だろうな、これは。 多分、良さを理解しようと思っても理解できないと思う、ワタシらには。
でも、若いコたちにはいいんだろうしな、この感じが。





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村