1987_06_情熱れいんぼう_高井麻巳子






今回の1曲セレクトは、「情熱れいんぼう」高井麻巳子です。

まずはデータでーす。

・タイトル     情熱れいんぼう
・アーティスト   高井麻巳子
・作詞       沢ちひろ
・作曲       八田雅弘
・編曲       清水信之
・リリース日    1987年6月10日
・発売元      キャニオン
・オリコン最高位  2位
・売上げ枚数    8.2万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 7位
・ベストテンランクイン期間:1987年6月22日〜7月6日付

 さてさて、今回の1曲セレクトは、高井麻巳子さんのソロシングル「情熱れいんぼう」。

 今日は6月3日でしょ
だから、厳密に言うと当時は、まだ、発売前だったのよね。この曲、リリース日6月10日だから、

 だけど、ちょっと待ちきれなくて引っ張ってきちゃいました

いや、個人的には大好きなんですよ、この曲。

 なんていうのかなぁ、高井麻巳子がアップテンポの曲を歌うっていうのもちょっと意外だったですもんね。

 「うしろゆびさされ組」の時は別として、ソロになってからは、バラード系など、しっとりした曲がほとんど、でしたからね、このヒト。
 まあ、「下世話」なおニャン子軍団にあって、中でも見た目「お嬢さん」度が高かったですからね、高井麻巳子って。
 だから、しっとり系の曲はいかにも・・・っていうところだけど、そろそろ「飽きたよな」・・・というタイミングでのこの曲だったからねぇ。

 実は、この曲「ザ・ベストテン」にランクインするまで聴いた事なかったんですよ、ワタシ

で、いつもの「しっとり系」を想像していたワタシは、目からウロコだったですねぇ。

 2/2拍子に近い、早いテンポのリズムと、逆に、ゆったりめに聴こえるメロディのコントラストがいいんですよね。
 で、リズムが早い割りに下世話に聴こえない、ほどよい上品さっちゅうのかな。
 
 これは、Aメロのスピードと対比して、Bメロで一旦スピードを落として、いきなりスパニッシュ風のリズムになるっていう、変化が下世話さを消しているような気がするなぁ。

 で、ふたたび、スピードをあげてのサビ

 構成的には、典型的な Aメロ⇒Bメロ⇒サビ っていう簡単な作りなんだけど、サウンドがいいんだよね。

 さすがに清水信之氏のアレンジだけあるかなぁ。 この間紹介した、平松愛理もそうだけど、「お嬢さん」系の曲のアレンジはピカ一ですよねぇ。このヒトの場合。

 まあ、この曲の場合、上でも書いているように必ずしも「お嬢さん系」な曲ではないんだけど、アレンジが大胆に見えるんだよね。
 ときにシンセの使い方なんかは、このヒトには珍しいくらい大胆なシンセの使い方なんぢゃないかしらね。
 
 それにしても、きらきらと、これからの季節に輝いて見える1曲に仕上がってると思うなぁ。

 機会があったら「おニャン子」っていう概念は全くすてて、一度、ぜひ聴いて欲しいなぁと思う1曲ですね。



 話は変わるけど・・・・。

 高井麻巳子は、れっきとした、現秋元康夫人ですわね。その割には、ソロシングルでは、1度も秋元康は詞を書いてなかったりする。

 後藤次利が夫人の河合その子にあれだけ曲を書いてののと比べたら、いやはや意外ですよね。

 ま、もちろん、うしろゆびさされ組の時は別ね。あくまで「ソロ」になってからなんだけど。。。

 やっぱり、秋元康の書く「下世話」な世界観のウタは、このヒトには合わないっていう判断だったからなのかなぁ。

 それは正解だったと思うけど、その割には、このヒトたちの夫婦生活はうまくいっているような感じだよなぁ。

 余計なお世話だけどさぁ。。。。。

 まあ、嫉妬心ですよ、おニャン子の中では、高井のファンだったからさぁ。。。(爆)






よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村