1978_05_かもめガ翔んだ日_渡辺真知子







今回の1曲セレクトは、「かもめが翔んだ日」渡辺真知子です。

 まずはデータです。

・タイトル    かもめが翔んだ日
・アーティスト  渡辺真知子
・作詞      伊藤アキラ
・作曲      渡辺真知子
・編曲      船山基紀
・リリース日   1978年4月21日
・発売元     CBSソニー
・オリコン最高位 5位
・売上げ枚数   46.0万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 5位
・ベストテンランクイン期間:1978年5月22日〜8月21日付

最近はどうだから分かんないんだけど、以前「千葉マリン」に行くと、この曲、よく流れたんだよね・・・「かもめが翔んだ日」。

 なに? 知らぬだと? 

♪ ハーーバーーライトが朝日に変わる〜 そのとき一羽のカモメーがーとーんだー ♪

って曲ですぞ。。。

 うんにゃ、気がつかないうちに、いつのまにか、千葉マリンの「名物」になってたりしたな。。。ふらふら

 本家、渡辺真知子さんも、千葉マリンでこの曲熱唱してたもの。


 ところで、この曲リリースされてから、今年で37年なんだねぇ。37年・・・はえーなー。

 ・・・ということは、ワタシもヒット曲の世界に嵌ってから、丸37年だ〜。 はえーなー。

 そそそ、1978年っていうのは、エポックメイキングな年だったんだよね。ヒット曲界にとってもワタシにとっても。

ま、 厳密に言うと、この曲がヒットチャートを賑わしていた時期には、まだ、ヒット曲の世界には足を踏み入れていないんだけども。

 でも、この曲は、よーく知ってましたね。ちょうど、このころから、ウタバングミなんぞに興味を持ち始めてた頃ですな。

 初めて聴いたのは、たしか家の車のラジオから流れてきた時だったな。よーく覚えてますぞ。

 その時点で、なんか好きになったのですね、この曲。

 いや、ウチのオフクロが好きだったんだ、この曲。・・・というか、渡辺真知子の曲が。。

 だから、よく聴かされてた・・・ってのがホンネだったりして。。。

 うん、たしか、どっかから録音したカセットがあったんだよ。それ、よく流してたもんなぁ。

 それでも、個人的にもキライじゃなかったから、自然と覚えたって感じだったなぁ。


 それと、この曲が丁度ヒットしてるときに、「宮城県沖地震」があったんだよ。
「東日本大震災」ではなく、その前の「宮城県沖地震」。 ワタシは、まだ、福島のいわきに住んでたんだけど、かなり揺れたんだよね。ブロック塀が波打って、側溝の水が溢れてきたもの。生まれて初めて体験した大地震だったなぁ。

 この曲を聴くと、そんな記憶が甦る一曲だね、ワタシとしては。。。





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村