1984_05_気ままにRefrection_杏里






今回の1曲セレクトは、「気ままにREFLECTION」杏里です。

 まずはデータです。

・タイトル    気ままにREFLECTION
・アーティスト  杏里
・作詞      三浦徳子
・作曲      井上大輔
・編曲      井上大輔 佐藤準
・リリース日   1984年4月21日
・発売元     フォーライフ
・オリコン最高位 7位
・売上げ枚数   17.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 10位
・ベストテンランクイン期間:1984年5月21日付
・タイアップ:日清焼きそば「U.F.O」CM曲


 昨日、桑田佳祐選手の「いつか何処かで」を書いたでしょ。で、まあ、この曲は小林武史氏アレンジ・・・というわけで、今日は小林武史氏つながりで行こうと思ってたの。
 ちょうど、思い浮かんだ、杏里の「思いきりアメリカン」って曲。
 この曲、何を書くそう小林武史氏が作曲なのです。

 なに? 知らない? 

♪思い切りアメリカーーン〜 ♪   って曲。。。

 知らない? あ、やっぱり・・・・

 だよね〜。1982年4月リリース。今から33年前ぢゃ・・・。しかもオリコン最高74位・・・と来てる。。。そんな曲、ほとんど知ってるわけないか。。。

 あーーーーーーーーーーーやめた やめた。。。


 ・・・っつうわけで、同じ杏里の「気ままにREFLECTION」。

 え? 知らない?

 知らないとは言わせないぞよ。同世代以上諸君exclamation

 ・・・なんてね。

  この曲は、83年の「キャッツ・アイ」でブレイクして以来、次の次のシングルだねぇ。

 この前の曲が「悲しみは止まらない」で、やっぱし大ヒットで・・。

 杏里が一番ブレイクしてたころの1曲でありますわ。


 たださ、当時は、この曲、あんまり好きぢゃなかったの。かえって、一曲前の「悲しみは止まらない」の方が好きだったな。

 でもさ、近田春夫氏は、意見が逆だったなぁ。「悲しみは止まらない」はポロクソに批評してたけど、この「気ままにREFLECTION」はホメてたね。

 なんかさ、その意見に当時は反抗的だっんですわ。ワタシは。
・・・というかさ、ここでは何度か書いてるけど、個人的にダサい曲が好きなんだよね。

 でもさ、今、冷静に考えると、なるほど近田氏の意見も一里ありだったな・・・って思うな。

 うん、今、聴いてみると、新鮮なんだよね。「悲しみが止まらない」は、どうも古臭い。

 歌謡曲的なんだよね。でも、この「気ままにREFLECTION」は、より洋楽的なんですよ。
 あまり、尖がりすぎてない・・・つつうか・・・。うーん、時代の変化に対応して行ってた・・・というか。

 当時から近田氏は、その時代性の変化に気がついてたんだろうね。

 いや、正直言って、今聴くと、とっても84年的な曲ですわ。

 84年的・・・・。サウンドが硬質なの。ドラムはシモンズのビシバシサウンドで、シンセの音も硬質。
あの頃のニューウェイヴ系定番のサウンドだからねぇ。

 いや、当時の音に馴染んでいるヒトは、「いかにも84年」って分かってくれるよね・・・っていうサウンドだったりして。ふらふら

 個人的には、まだ、より歌謡曲的な曲が好きだったからなぁ。だから、この曲は、あんまり反応しなかったのかもしれないな。


 ちなみに、この曲、日清焼きそば「UFO」のCM曲だったよね? あれ? ちがったかな? ちょっと自信なかったんで。。。あせあせ あせあせ
↑のデータには一応「タイアップ」名で入れたけど・・・あせあせ




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村