1993_05_揺れる想い_ZARD






今回の1曲セレクトは、「揺れる想い」ZARDです。

まずはデータでっす。

・タイトル    揺れる想い
・アーティスト  ZARD
・作詞      坂井泉水
・作曲      織田哲郎
・編曲      明石昌夫
・リリース日   1993年5月18日
・発売元     B-Gram レコード
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   139.6万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1993年5月31日〜8月2日付
・タイアップ:大塚製薬「ポカリスウェット」CM曲


 実態のないアーティストだよね。ZARDって。まあ、だれでも感じてることなんでしょうけど、なぜか、その実態がなくても安心していられるという不思議なグループだよね。

 まあ、あえて「グループ」なんて書いちゃったけど、実態は「坂井泉水」っていうヒトが「1人」でやっていることは、誰もが知っていることであり。。。。

 でも、当時は本当にグループだと思ってたですよ。ワタシは。
 このヒトたち「テレビ」には出ない、という印象が強いんだけど、実際はそうではなく、まだ「大ブレイク」の前にはテレビにも出演してたんだよね。
 たしか、「負けないで」かなんかでミュージックステーションに出てたよね。
 このとき、たまたまワタシ見てたんですよ。Mステを。

 で、坂井泉水をボーカルにきちんとバンド形式で出演してたんで、てっきりこのヒトたちがZARDっていう「バンド」なんだ・・・って思った記憶があるなぁ。

 それにしても、実体がない、実体がないと思いながら、ブレイクから、早22年ですよ。。。
 この時、生まれた子はもう社会人なわけで・・・

 一体、何が、こんなに長持ちさせてんだろうねぇ。。。
と思って、このヒトのセールスパターンを見てみて、なるほど。。。

 このヒト、思ったより、意外と1曲あたりのセールスは売れてないんだよね。このころの作品、出せば「ミリオン」っていう印象が残ってるんだけど、実際は、ミリオンセラーは、この「揺れる想い」を含め3作のみ。

 「負けないで」 1993年1月27日リリース 164.5万枚
 「揺れる想い」 1993年5月18日リリース 139.6万枚
 「マイフレンド」1996年1月8日リリース  100.1万枚

 同時期、同じビーイングで同じような「立ち位置」にいたWANDSの3作連続でミリオンセラーを達成しているよりは、やや勢いが感じられない。

ただ、ZARDの場合、タイミングよくというか、落ち目になりそうになると何作かに1曲「復活」するような曲があるんだよね。

 上記の「マイフレンド」もしかり、97年の「永遠」もしかり、2000年の「Get U're Dream」にしてもしかり。

 結局、こんな感じで、1年に1作、あるいは2年に1作、「あたり」の曲を持っているのが「長生き」しているコツなんだろうなぁ。これは、長く一線で活躍しているアーティストの共通項でもあり、必須事項でもあるんだけどね。

もっとも最近は「惰性」に近い気もするけど。。。

 それと、このヒト、何年経っても容姿も声も変わんないんだよねぇ。ほんと「宇宙人?」って思えてくるほど。。
 そのあたりも、人気を保ってるコツ? うーーーん。

 さてさて、「揺れる想い」だけど、この曲は、それまでのZARDの中でも一番「親しみやすい」曲ではあったよね。
 とにかく、「キャッチー」ということばがぴったんこはまるようなキャッチーさが曲全体からにじみ出てきているような・・・。
 
 特別、何か言う必要もないような、いや、なんにも言わせないような、そんな曲って気もするなぁ。

 出足の ♪揺れる想い 体中感じて〜 ♪のサビの部分だけでもがっちり、この曲の世界に入り込んでしまうっていう感じ?

 まあ、ポカリスエットのCMとして、この当時は大量スポットが打たれてましたよね。
 どこいっても、このメロディが流れてたきがするなぁ。だから、1993年の今ごろって行って、浮かんでくるものといったらこの曲なんだよね。

 だけども、あまりにもキャッチーな曲は、飽きも早く来るって感じなわけで、この当時はビーイング全盛期のまさーに「ピーク」だったけど、この辺を頂点に衰退して行くんだよね。

 まあ、あのころは、このまま永遠にビーイング期が続くんぢゃないかっていう勢いだったけどなぁ。
 まだ、この曲の頃はよかったんだけど、さすがにこの年の夏を過ぎる頃には飽きてきちゃってさ、「ビーイング」をなんとかしろ! ってしょっちゅう叫んでたようなきがするなぁ。
 今思うと。。。。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村