1997_05_SWEET EMOTION_相川七瀬






今回の1曲セレクトは、「SWEET EMOTION」相川七瀬です。

まずはデータでーす。

・タイトル     SWEET EMOTION
・アーティスト   相川七瀬
・作詞       相川七瀬 織田哲郎
・作曲       織田哲郎
・編曲       織田哲郎
・リリース日    1997年5月1日
・発売元      カッティッングエッジ
・オリコン最高位  2位
・売上げ枚数    50.3万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 4位
・ベストテンランクイン期間:1997年5月12日〜6月16日付
・タイアップ:森永「ハイチュウ」CM曲


 一言で言うと、不思議な存在のヒトだったよね。相川七瀬って。あ、「だった」なんていうと、すでに「過去のヒト」という感じの表現になっちゃうけど、もちろん、まだまだ現役でがんばっておりまする。

 不思議な存在というのは、このヒトが出てくるまでは、このテの、いわいる「アイドル声」の「声質」のヒトは、ロックは歌わなかったですよね。
 アイドル声っていうのは、やけに高音寄りで、発音も不明瞭、ただ、声自体には透明感があるっていうのかなぁ。

 だいたいロックやるヒトって、女のヒトでも、もっとドスが聴いてて、声が太くて、ハスキーで・・・・っていうイメージだったじゃん。
 それがこのヒトには、ほとんど見られない。たしかに、よく見るとルックスは、ややクセがあるかな・・・というところもあるけど・・・。
 それでも、デビューの「夢見る少女じゃいられない」の頃は、ほとんどアイドル顔だったよなぁ。

 でもまあ、その異種混合なところが、このヒトの面白さなわけです。

 それでも、最初の頃は、どこかムリがあった気がするな。ところどころ「アイドル」っぽい発音になったりして、ちょっと違和感があったんだけど、この曲の頃になると、随分、度に行った歌い方になってたと思うな。

 この曲は、サウンド面は、どこを切っても、もろストレートなちょいハード目のロック。
 ただ、メロディだけを斬ると、キャッチーな歌謡曲路線。その按配が、いかにも「ヒット狙い」というか、ビーイングらしさがにじみ出てて、ワタシ的にはうれしいかぎりです。

 季節的にも、梅雨前のちょっとジメジメした「暑苦しさ」っていうのが適度に出ていて、いかにもこの季節の曲って感じなんだけど、その中にも、このヒトのそれまでの曲には無かったような爽快感を感じるんだよね。
 なんて、褒めてんだか貶してんだかわかんない表現になってしまいましたけど、褒めているんですよ〜。

 この曲以前の、このヒトの曲には無かったような手触り感っていうのかなぁ。それを感じましたね。
 相川七瀬の曲では、何曲か気に入ってる曲はあるんですが、この曲はその中の1曲ですわ。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村