1982_03_私の16才_小泉今日子






今回の1曲セレクトは、「私の16才」小泉今日子です。

 まずはデータです。

・タイトル    私の16才
・アーティスト  小泉今日子
・作詞      真樹のり子
・作曲      たきのえいじ
・編曲      神保正明
・リリース日   1982年3月21日
・発売元     ビクター
・オリコン最高位 22位
・売上げ枚数   9.7万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 20位

 さて、昨日、山瀬まみを書いたように、「3月21日」ってアイドルのデビュー日ってことが多かったんだよね。

 っつうことで、今日も「3月21日」デビューのヒトを。。。

 ふむ、今週はめっちゃストレートで、小泉今日子はどうだexclamation ×2

・・ってか、このヒトのデビュー曲ってまだ、書いてなかったなだよな。。


 っていうのも、デビュー当時のこのヒトってさあ、個人的にはあんまり・・・だったのですよ。
 
 1982年3月21日って兎に角、後に「花の82年組」なんていわれたように、アイドル大豊作だった1982年デビュー組のなかでも、とりわけ、この日デビューしたヒトが多かったんだよねぇ。
 この小泉今日子でしょ、堀ちえみでしょ、三田寛子でしょ、新井薫子でしょ、北原佐和子でしょ・・・っちゅうかんじで・・・。 

え? なに? 後2人はわかんない? うーみゅ、わかんないヒトは、周りの80年代アイドルオタクの方々に伺ってみてくだされ。あせあせ 

 でさあ、上で書いたように、個人的には、この中でも小泉今日子の評価は低かったんだよなぁ。
 なんかさぁ、ブスっぽかったんだもん。当時のキョンキョンって。ふらふら  大体、あんとき髪型が「レイヤードカット」だったのよ。いわいる「聖子ちゃんカット」ってやつでさあ、それが兎に角、似合わなかったのよ。あせあせ どーみても田舎のねーちゃんって感じで。。

 曲もさあ、どうも、今ひとつパッとしてなかったしさあ。

 そんなわけで個人的には、評価は低かったのよねぇ。


 あ、個人的には堀ちえみと新井薫子がよかったのですわ。 新井薫子は、やっぱ、曲がよかったしね。「虹色の瞳」。インパクトがあってさあ。

 それに比べて、なんじゃ、この「私の16才」はぁ・・・って感じでさぁ。 これは、どう聴いても一昔の前の「アイドルソング」ぢゃないかぁ・・・って当時から思ってたもんよ。
 
 ま、実際、「一昔前」のアイドルソングだって分かったのは、それからずっと後のことだけどさぁ。。。

 って、これ意外と、知らないヒト多いのかねぇ。 うーん、今では有名な話か。。
 そそそ、実は「私の16才」はカバー曲なのですわ。

 もともとは、1979年に「森まどか」っていうヒトがだした「ねぇ ねぇ ねぇ」っていうのがオリジナル。

 っつうか、知らないよねぇ、森まどかなんてさあ・・・。ま、書いてるワタシも知らないんだけど。。。ふらふらふらふら

 うん、調べたらオリコンの100位にも入ってなかったから、ま、知らなくても当然なんだけど。。。

↓ この曲


うーん、キョンキョンより、声は太いけど、しっかりしてて聴きやすい。 曲のアレンジはほとんど同じなのね。

 ・・・っつうか、キョンキョンバージョンの方が、金かけてなさすぎ・・・というか。。。


 ちなみにも森まどかっていうヒト、現在も、現役のシンガーとのこと。当時のアイドルから、今は本格的シンガーになっているようですね。
(同姓同名の巨乳グラビアアイドルがいるようだけど、そのヒトとは別人です。。。)


 でもさぁ、実際のところ、この時点では、82年組のなかではキョンキョンが一番人気だったんだよねぇ。
最終的に82年組の「チォンピオン」となった、シブがき隊も中森明菜も、この時点では、まだデビューだったし。
 
 ザ・ベストテンでこの曲が20位以内に入ったとき、あ、やられた・・・って敗北感を味わったのは、つい昨日のようだねぇ。

 まあ、冷静に考えたら、プロダクションの力の差だよなぁ。。



でもさあ、こう見ると、やっぱ似てるよね、「あまちゃん」の時の、有村架純。
ウリフタツだと思いません? ワタシャ、最初「あまちゃん」見た時、腰抜かしましたもの、よく、これだけ似たコを見つけてきた・・・・と。



よろしかったら、ポチッとしてね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村