1998_03_長い間_Kiroro







今回の1曲セレクトは、「長い間」kiroroです。

 まずはデータです。

・タイトル    長い間
・アーティスト  kiroro
・作詞      玉城千春
・作曲      玉城千春
・編曲      重実徹
・リリース日   1998年1月21日
・発売元     ビクター
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数   120.6万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:1998年3月2日〜5月11日付

 1998年ねえ・・・。

 実を言いますと、ワタシのランキングを「今」の形式で集計し始めたのが1998年の1月の第1週分からなんですねぇ。

 うん、それ以前から、ランキングは作ってたんですよ。初めて自主チャート作ったのが1991年1月だから、今から17年前ですわ。

 インターネットを使って、CD売上げ、有線チャート、ラジオチャートを自主的に作り始めたのが1998年1月からですね。
 
 あれから17年ですか。早いっちゃ、早いよなぁ・・・。っつうか、17年もよくやってるよな。飽きっぽいワタクシが。。。

 大体ですねぇ、インターネットを始めたきっかけが、ランキングを作るためだったのですよ〜、今だから書いちゃうけど。。
 
 当時、「オリコンウイークリー」(って言わなくなってたっけな当時は・・・)に、有線、ラジオチャートが載らなくなって、何年かの間、自主チャートを作れなくなってたんだよね。

・・・で、イライラしてたころに、インターネットが普及しだしてきて、ネット使えば、有線チャートもラジオチャートも調べられるだろ・・・って簡単な思いからはじめたわけですよ。

 あー、まだ、自分でサイトを作ろうなんて、まーったく考えてもなかったし、いわんや、IT業界に転職するとも考えてもなかった17年前。

 まあ、そう考えると激動の17年だったかなぁ、ワタシにとっても。
 なんつったって、まだ20代だったかんねぇ、ワタクシも。若かったあせあせ


 当時のPCは忘れもしない、NECの98ですよ。NEC9821Xeだったっけな・・・。メモリが8MB、HDDが840MBだったな、たしか。今から考えると考えられないような「チープ」なPCだったねぇ・・・。
 で、最初はWindows3.1が入ってたんだけど、インターネット始めるんで、windows95にアップグレードしたんだっけ。
 回線はISDN64kよ。当時「最速」だったの、これでも。

 でもさー、ネットの接続設定が面倒でねぇ。今のWindows XPとか、Vistaのように、ケーブルPCに接続すれば自動的にネットワーク検出してくれて・・・なんかじゃなかったよなぁ、Windows95って。
 手動でネットワーク設定しなくちゃいけなくて、これが、なかなか繫がんなかったんだ。モデムの取り扱い説明書と専門書を見ながら2週間くらい格闘してた記憶が・・・。あせあせ
 もちろん「定額制」は高かったんで、ダイアルアップよ。モデムに繫ぐと、ピポパポ・・・って繋がるやつ。。。

 初めてネットに繋がったときのかんどーは、今でも覚えてるわ〜。


・・・・なんて書くと、いつの時代の話だよ・・・なんて、言われそうだけど、ほんの10年前の出来事よ。。。

 そーいえば、ネットに繋がったのはいいけど、まだサイトが出来上がってないところが多くてさ、「工事中」のページがあちこちにあったな。
 なんていったって、「オリコン」のサイト自体、ランキングページなんて、まだ「工事中」だったんだから・・・。ふらふら
 今から考えたら、何の為にサイト建ててたか、よくわかんなかったよなぁ・・・あせあせ まあ、それだけ、まだ、ネットにつないでいるヒトが少なかったって事だけど。。。
 

・・・と、前置きが、非常に長くなってしまったけど、今回の1曲セレクトは、そのまんま

  長い間 /kiroro

どぇすふらふら

 うーん、あれから17年なんだねぇ。なんかね、90年代は「昨日」のように思えるワタシだけど、こうして自分のネット史を書いてみると、結構「昔」のように思えるな。17年前って。

 この曲は、どこで、初めて聴いたんだろ? 覚えてないな・・・。
 少なくとも、ベストテンに入ってくる前だったのは確かなんだけど、なんかいつの間にか、耳になじんでた気がするな。
 
 うん、この曲は、リリースは98年の1月21日だったけど、ベストテン入りしてくるまで、1ヶ月ちょっとかかってるんだよね。ベストテンまであがってきたのは3月だったから。丁度10年前だ。
 
 ブレイク曲らしく、ジワリ型のヒットだったんだよね。で、まあ、タイトルどおり「長い間」ベストテンに居座ったわけで、ワタシのランクでもこの年の年間ランキングの1位を取ってたりする。

 98年っていうと、日本の音楽史上もっとも、売上げが伸びた年だ。年間の売上高が6000億強。
 昨年の音楽ソフトの売上高が年間3900億円だったから、今の約2倍のセールスがあった頃だ。

 だったの10年で半分になっちゃった・・・っていうのは、当時から考えると、まーーーったく予想もしてなかった・・・。

 っていうのが大多数の方じゃないですか。。。レコード業界は、「この世の春」を謳歌してたんじゃないですかね。

 でもさ、まあ、今だから書くわけじゃないけど、当時から、これは異常だって思ってたもんね。
 いつか破綻が来る・・・ってどっかで感じてたっていうかさぁ。

 だから・・・というわけでもないんだけども、このころ、一時的に音楽「聴くの」から遠ざかってたこともあるんですよ。
 なんか、御気楽な曲が多くなって、聴くに堪えなくなってきたって言うのかなぁ・・・。

 でも、それに反して、CDは異常なスピードで売れて行ってたし・・・。

 週単位で見ても異常だったよね。ミリオンセラーが「普通」に出てた時代だもの。

 そんな時代の「最後」に自分からCDを買った1枚かもしれないな、この曲。

 当時は「沖縄ブーム」で、SPEEDや安室、知念里奈とか沖縄出身アーティストが一大ブームだったけど、そうしたアーティストのなかで、一番沖縄っぽい、「なり」をしてて、沖縄っぽい曲じゃないってのが良かったんだよね、ほのぼのしてて。
 あの頃のパイパーでハイカロリーな音楽の中のひとときの清涼剤てきな音楽で・・・。ほっとするのよ。


 ところで、CDの異常な売れ方の「警告」については、次の年の99年頃から、ワタシもネット上で、いろいろ書いていくことになったんだけど、結局、業界には届かなかったよね。それが残念でならないな、今となっては。。。





よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村