1991_03_想い出の九十九里浜_Mi-Ke



今回の1曲セレクトは、「想い出の九十九里浜」Mi-Keです。

 まずはデータから

・タイトル     想い出の九十九里浜
・アーティスト   Mi-Ke
・作詞        長戸大幸
・作曲        織田哲郎
・編曲        織田哲郎
・リリース日   1991年2月14日
・発売元     BMGビクター
・オリコン最高位  5位
・売上げ枚数   48.0万枚
・THE HIT CHARTHOT30最高位 5位
・ベストテンランクイン期間:1991年3月4日〜4月22日付
・タイアップ:TBS系ドラマ「ナースステーション」主題歌

 季節ごとによく、九十九里までドライブに行くんだよね。
 自宅から九十九里、外房までは、車飛ばせば1時間弱。思い立ったらドライブ。 郊外に家があるとこういうときはいいよね。都心だったら、なかなか思い立って九十九里まで、気安くは行けんでしょ。
 こういうところが、ワタシが都心に住めない理由ですね。たとえ、通勤に時間がかかってもさぁ。

・・というわけで、「想い出の九十九里浜」。。。。

 まあ、この曲が出た、前年の「おどるポンポコリン」で勢いにのった、ビーイング系がほとんど、アゾヒ感覚でリリースした、第2弾曲って感じだわね。
 Mi-Keは、BBクイーンズのバックコーラスの女の子3人グループなわけで、これまた、冗談からコマのようなグループでしたね。
 当初の曲は、ほとんど、60年代のパロディ。しかも、ほとんど、この時代を知らないヒトたち向けっていうのがミソね。

 この曲、「想い出の九十九里浜」は、もろGSサウンド・・・。
 だけでなく、歌詞にも、有名なGSの曲のタイトルがちりばめられているんですよね。
 逆にいうと、それだけで、歌詞自体に特段意味なんてないんですよ。。。まさにパロディ。。。
 だから、「九十九里浜」になんか意味があるかというと、これまた、なんもないんだよね。湘南でも良いし、どっか地方の海岸でもいいわけです。

ちなみに、歌詞に含まれているGSソングですが・・・

・夕陽が泣いている ⇒ザ・スパイダース(1966年)
・君だけに愛を   ⇒ザ・タイガース(1968年)
・花の首飾り    ⇒ザ・タイガース(1968年)
・好きさ好きさ好きさ⇒ザ・カーナビーツ(1967年)
・神様お願い    ⇒ザ・テンプターズ(1968年)
・バラ色の雲    ⇒ヴィレッジシンガーズ(1968年)
・長い髪の少女   ⇒ザ・ゴールデンカップス(1968年)
・遠い渚      ⇒シャープホークス(1967年)
・真冬の帰り道   ⇒ザ・ランチャーズ(1967年)
・いつまでもいつまでも ⇒ザ・サベージ(1966年)
・あの時君は若かった⇒ザ・スパイダース(1968年)

・・・・ってな感じかな。

 Mi-Keってこんな感じの曲ばっかで、同じようなGSのタイトルを単に並べた「白い白い白いサンゴ礁」ってのもありましたな。
 こんな冗談のような曲でも売れちゃってたんだから、あの時代、本当の意味での「バブル」だったんだよねぇ。

 しかし、これ作ったの、織田哲郎氏なんですが、織田氏ってGS好きだったんでしょうか? なんか、織田哲郎とGSってどうにも結びつかないんだけどねぇ。 
もちろん、織田氏の年代だったら、少年期にGSは通ってきただろうけど・・・。普段やってる音楽とどうも違いすぎるんだよなぁ・・・。ゴールデンカップスくらいは、マジメに経験してそうだけど・・・・。

 まあ、企画のビーイング、遊びのビーイング。こういう、企画物にのれるかどうかがビーイングで生きていけるかどうかってところですわな。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へにほんブログ村