1985_02_摩天楼ブルース_東京JAP






今回の1曲セレクトは、「摩天楼ブルース」東京JAPです。

 まずはデータです。

・タイトル     摩天楼ブルース
・アーティスト   東京JAP
・作詞       売野雅勇
・作曲       筒美京平
・編曲       船山基紀
・リリース日    1984年10月21日
・発売元      CBSソニー
・オリコン最高位  18位
・売上げ枚数    10.1万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 17位
・タイアップ:TBS系ドラマ「少女に何が起こったか」主題歌

 毎日ヒット曲を書いてくると、たまーに、ちょっと道を外れた曲を書きたくなるんだよね。うん、ヒット曲の王道とか、アーティストとは外れた曲っていうのかなぁ・・。まあ、簡単に言うと「一発屋」って奴なんだけどね。

 で、先日ドライブしててカーステから流れてきた1曲・・・「摩天楼ブルース」・・・。

 そういえば、この曲、丁度、今ごろだったじゃん、ヒットしてたの。プラスして、このヒトたち、この曲しかヒットなかったしな・・・。

・・・・ということで、今回の1曲に決定!


 一発屋だったけど、この曲は覚えてるヒト、多いかな?

 キョンキョン主演だった、「大映ドラマ・少女に何が起こったか」の主題歌ですよ。
 そそそ、TBSの火曜日20時〜21時枠だった、大映ドラマの王道ですよね。

 刑事役の石立鉄男の「薄ぎたねぇシンデレラ」っつうセリフが有名になったよねん。
 キョンキョンに対して賀来千賀子さんが「敵役」になったやつ。

 いつもの大映ドラマのごとく、中身は「大げさ」なドラマだったけど、最後にこの東京JAPの「摩天楼ブルース」が流れるのが印象的だったよな。
 少なくとも「スチュワーデス物語」のエンディングの「WHAT A FEELING」(麻倉未稀)よりは何倍も良かったぞよ。

 摩天楼ブルースっていうタイトル通り、シティポップスっぽいんだよね。その辺は作詞の売野氏もお手の物だったろうけど・・。

 ただ、「摩天楼」っていうイメージは作曲の筒美氏からして、どうしても野口五郎の「19:00の街」っぽいのかなぁ。

 サビの ♪ まーてんろうブルース〜 ♪ の部分はなんなとなく、イメージがダブルんだよね。

 まあ、アレンジがこちらは船山基紀氏っていうゴールデンコンビだけあって、もっと垢抜けているけど・・・。

 イントロの最初だけ聴いてると、おおよそ邦楽っぽくないもんなぁ。ブルースっていうよりラテンかと思っちゃったりして・・。

 東京JAPって、この時がぱっと出だったのかな・・って、当時から思ってたんだけど、意外と歴史があったんだよね。
 82年のオリコンウイークリーには登場してるから、少なくともこのときより3年は早く出てる。まあ、あんまり表にでるバンドでもなかったから、知らなかっただけなんだよね。

 ドラムが赤坂泰彦だったのは、今では有名な話だけどさ。でも、当時の印象は全くないんだよね。
 本人もドラム叩いてたのを穿り出されるのはあんまり好きではないみたいだけど・・・・



85年くらいになると、「PV」っていうのも普通に作られるようになってきた頃だね。
ただ、メディアで流せる場が限られていたんで、まだまだ一般にお目にかかることは少なかったんだけど。。。


もし、よろしかったら、ポチッとしてね
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村