1984_01_黄昏ダンシング_麻倉未貴






今回の1曲セレクトは、「黄昏ダンシング」麻倉未稀です。

 まずはデータです。

・タイトル    黄昏ダンシング
・アーティスト  麻倉未稀
・作詞      竜真知子
・作曲      渡辺博也
・編曲      渡辺博也
・リリース日   1983年11月21日
・発売元     キング
・オリコン最高位 12位
・売上げ枚数   22.2万枚
・タイアップ:TBS系ドラマ「さよならを教えて」主題歌

 もう、前々から毎回毎回、喘いでいるけどさあ、より多くのヒトに「引っかかる」ようなタイトルの曲って、ホントになくなってきましてねぇ・・・。
 ・・・といいながら、いつも最後には何かしらの曲は引っ張って来てるんだけど、それにしても「引き」がない曲ばっかだよなぁ・・・。


・・・ということで、今回ひっぱってきた曲は

 麻倉未稀の「黄昏ダンシング」よ。。


もうねぇ・・・このレベルの曲になると、マジで知ってるヒトしか知らないよね、今となっては。
 なーんの、インパクトもないもの、今となっては。この曲、タイトル見ただけで、「あ〜、あの曲ね」って思い浮かべることが出来るヒトは、当時、よほどヒット曲を聴いてたヒトだよなぁ。 当時、ヒット曲聴いてたヒトでも99%は忘れてる・・・と思うわ。あとは、「知らなーい」って思うか。

 正直ね、この曲、なんでヒットしたのか・・・って、考えると、今になってみると、「ナゾ」なんだよなぁ。

 たしかにTBS系のドラマの主題歌・・・つまりはドラマタイアップが付いてたんだけど、はっきり言って、どんなドラマだかしらんしねぇ・・・って位、視聴率的にもマイナーなドラマの主題歌だったしなぁ。。

 まあ、この麻倉未稀ってヒトの場合、「ドラマ主題歌の女王」って言うくらい、毎回毎回ドラマタイアップが付いてたりしたんだけどさあ。しかも、この当時、ほとんどがTBSのドラマだったような気がする・・・。
 この曲の前は、アイリーンキャラのあの「フラッシュダンス」のカバーだったりして・・。それがあの「ドジでのろまなカメさん」の「スチュワーデス物語」(あのころのJALは景気がよかったな・・・マジで)の主題歌だったし、視聴率的なことを考えると、「大ヒット」でもよかったものの、全く売れなかったし・・・。

 まあ、たしかに、「本家」の「フラッシュダンス」を考えると、日本語に訳詞した、「フラッシュダンス」はマヌケ感いっぱいだったけど。。。売れねーよな、これは・・・っちゅう。

 それに比べると、同じくカバーの「ヒーロー」は、うまく嵌ったよなぁ。あ、例の「スクールウォーズ」の主題歌の。ヒットしたしさ。


 しかしだ・・・。今回ひっぱってきた「黄昏ダンシング」って曲。そのヒットした「ヒーロー」よりも売れてるんですねぇ。
 なにせ、麻倉未稀にとっての、最大のヒット曲ですから。。。

 いや、そういう手ごたえ・・・というか、感じすら今となってはしないんだけどねぇ。。。

 カバーばっかりしてるっていうイメージが強かった、このころの麻倉未稀にして、この曲は「オリジナル」なんだけどね。その分は強みがあったか。。
 まあ、サビの

 ♪ Won't you hold me once Again〜 ♪

の部分のメロディラインは強かったけどね、インパクトは。
 全体的にはエッジが効いてて、バックでシモンズドラムがビシバシ鳴ってて・・・って言うところは、いかにも84年だよな・・・っていう感じはするか。

 よくよく見てみれば、やっぱり、「あの時代」だよね、あの時代ならではのヒットだよね・・・っていう感じはするかな。。。


 ・・・・あ、文章まとまらなかった(いつものことですが。。。)




よかったら、ポチッとしてね

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村