桑田佳祐、謝罪で波紋広がる……“表現の自由”めぐり批判も
http://www.rbbtoday.com/article/2015/01/16/127450.html



 今回の騒動、アホくさ・・・と思って、今まで沈黙してきたけどさ、なんか反響がでかくなってきたんで、一応、書いておこうと思う。


 率直な感想は、うえで書いたように「アホくさ」ってところなんだよね。騒ぎたいやつぁ、勝手に騒いどきゃいいじゃん・・・という感じで。

 「非堅気」なエンタメの世界の細かいところに、いちいち目くじら立てて・・・。 なぜにもっとおおらかになれない?って思うんだよねぇ。みんな心病んでるよなぁ。

それに対して、桑田も謝罪なんてしなくていいのにねぇ・・・


・・・というか、桑田氏が「社会」に対して、「道化」を演じるのは、今回に始まった事じゃ無いじゃん。

今でこそ、ロック界の「大御所」として君臨してるけど、デビュー時のバッシングは、そりゃすこかったじゃん。 やれコミックバンドだぁ〜、日本語がおかしいぞ、こいつら〜 で。

 それに対して、「いろいろ言われるもんだなぁ・・と思ったけど、反省はしていない」と、軽く一蹴してたじゃんか。

 そのあとも、「NUDE MAN」では、ロッキード事件を揶揄し、1982年の紅白では「白塗り」で三波春夫先生をおちょくり・・・と、いろいろやってきたわけじゃん、社会に対しての道化を。

 その度に、クレームを受けてきたけど、柳に風だったわけじゃん。自ら謝罪なんてしなかったじゃん。

まあ、その前に、いちいち事務所まで抗議してた輩なんていなかったけどさ。 あのころは、みんな大人だったんだよ。


それなのに、今回は、なんで謝罪? ・・・っていうところは、よく理解できないんだけどさあ・・・。


まあ、考えてみれば、事務所がでかくなりすぎたからなぁ。 
なんせ、東証一部だからなぁ。いくら「アホラシ」と思っても無視できないんだろうな。
これがさ、昔のように中小の事務所の頃なら、柳に風で済んだかもしれないけど。

だから、エンターテイメントの会社は、あんまりでかく成りすぎるのも考えもんなんだよね。


ところで・・・これ、「リベラル」なアミューズだったからウヨ連中が抗議に押し掛けたけど、もしよ、「同じ穴のムジナ」の某B事務所系のタレントが同じことやったら、やっぱウヨ連中は抗議したんだろうかねぇ・・・。
 思わず、そんなことに興味が出たりして。。。

 逆に、サヨク系が抗議したりして。。。。