1969_11_別れのサンバ_長谷川きよし






今日の1曲セレクトは、「別れのサンバ」長谷川きよし です。

まずはデータでーす。

・タイトル    別れのサンバ
・アーティスト  長谷川きよし
・作詞      長谷川きよし
・作曲      長谷川きよし
・編曲      川口真
・リリース日   1969年7月25日
・発売元     ビクター
・オリコン最高位 8位
・売上げ枚数   31.1万枚
・ベストテンランクイン期間:1970年1月5日〜1月12日、1月26日〜2月16日付


 うわー、もうこんな時間ぢゃ・・・。寝る時間が・・・
・・ということで、今日は、ちょっと簡単めにさせていただけますか?・・・

 えーと、今日セレクトしてきた曲は、長谷川きよしさんの「別れのサンバ」です。
 
 うーん、ご存知の方いらっしゃいますかねぇ? 多分、あんまりいないと思いますが、あえて、承知の上で引っ張って来ました。
 なぜかっていうと、今日、長谷川きよしさんのライヴを見に行ってきたんですね。それだけのことなんですが・・。

 新宿の曙橋、昔、フジテレビがあった近くなんですが、「BACK IN TOWN」という、「大人」向けのライヴハウスがありまして、私もたまに行くんですね。
 「大人」向けとあって、出演アーティストは、60年代後半から70年代に活躍された方ばかりでして、お酒と、軽い食事をしながら安価な料金で、昔、憧れだったアーティストを身近に楽しむというようなコンセプトのライヴハウスなんですよね。
 
 ぢょうど、お世話になっている方が、長谷川きよしさんのライヴを一度見たいということだったので、今日、出演される事を事前にチェックしておりまして、一緒に見に行ったというわけです。

 うん、私もちょっと興味ありましたしね。

お目当ては、やっぱり、「別れのサンバ」ですね。

 この曲は、1969年7月25日のリリースだから、丁度ワタシが生まれた頃のヒットなんですよよね。
 だから、当然、ヒットしてたころについては、全く分かりません。 
 ネットで調べると、当時の文化放送の「セイヤング」、ニッポン放送の「オールナイトニッポン」と並んで、深夜放送の老舗ですわな、に、パーソナリティに抜擢されたのをきっかけに、リリース後、半年たった、この年の暮れからいきなりヒット街道を驀進したらしいですねぇ。

 私は、後年、例のフジテレビで放送してた「19××」で、この曲を知ったんですよね。

 曲調は、ボサノバですよ、ボサノバ。 え? しらない?
うーん、ちょっとシャンソンのノリににてるんだよね。
 要はヨーロッパ系のリズムなんだけど、タイトルが「サンバ」となっているからも分かるように、若干テンポアップした、ボサノバという、独特のクセのあるノリの曲なわけです。
 特徴としては、曲の出だしの2小節のコード進行を基本として、Aメロ、Bメロ、サビとほとんどの大きな変化がないわけです。
 それでいて、あとに残るメロディ。あとを引くっていうのかなぁ。 兎に角メロディの流れが印象的です。

 それと、リズム隊がほとんどないに等しい。ほぼ、全編にわたって、ギター1本の弾き語りで曲が進んでいく。
 レコードでは、間奏に申し訳程度にトランペット1本入ってくるけど、それだけ。あとは、ガットギターと、肉声だけ。

 いまは、こんな編成の曲は、まず、ないよね。 時代といってしまえば、時代なんだけど、本当に「歌」を聴いている気にさせてくれます。
 今は、これだけ自分の肉声に自信・・・というか、勝負をかけてるアーティストなんているんだろうかねぇ?
 たいていは、ノリだけじゃないかなぁ。 大体において、これだけシンプルな曲もないし・・・。
 だから、逆に新鮮なんですよね。 これは、若いコだけでなく、ワタシたちの年代でも新鮮なんだよね。
 ワタシたちの世代も、すでにボサノバ調の曲ってあんまりヒット曲シーンになかったしね。


 兎に角、いろいろ勉強になったライヴでしたわ。





※2005年11月に書いたものの再掲載です。