1986_11_内緒で浪漫映画_新田恵利






今日の1曲セレクトは、「内緒で浪漫映画」新田恵利です。

いつものようにデータでーす。

・タイトル     内緒で浪漫映画
・アーティスト   新田恵利
・作詞       夏目純
・作曲       尾崎亜美
・編曲       新川博
・リリース日    1986年11月14日
・発売元      キャニオン
・オリコン最高位  1位
・売上げ枚数    11.5万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 7位
・ベストテンランクイン期間:1986年12月1日付

 昨日、一昨日と、リクエストにお答えして・・・って感じで書いて見ましたが、今日からはまた、もとにもどりまして、私独断でセレクトさせてくだされ。
・・・というものの、ちょっと間あきまして、はて? 今日はなににするべ ・・・とまたまた悩みまして・・。

 昨日チャゲアスの「指環が泣いた」を書いたんですが、どうも、同時期にヒットした、この「内緒で浪漫映画」が頭から離れませんでねぇ。
 ヒットした時期が同じという以外、何の接点もない2曲なんですけどね。

 ・・・で、このさい。。ということでセレクトしました。

 えー、タイトルですが読めました?

   「ないしょでろまんえいが」

・・ぢゃないですよん。

   「ないしょでラブストーリー」

が正解っす。

 うーん、なにも、当て字にしなくても・・・って言う気もしますが。

 どうも、この季節になるとこのテの曲が聴きたくなるんですよね。このテというと、賛美歌っぽい曲って言うかね。。。

 と、唐突に書いても、これ読んでる方で、多分この曲知らないヒトの方が多いかと思いますが、そうです、雰囲気的に賛美歌っぽいんだよね。一言で言えば、「おごそか」っていう雰囲気。

 曲構成は、Aメロ、Bメロ、サビ っていう、典型的な楽曲なんだけど、全般的に「おごそか」な雰囲気が漂ってますね。
うーん、メロディとメロディ間の対旋律がそんな感じなんだよね。いかにも、教会音楽だぞって感じ。かといって、音色としてパイプオルガンを使ってるわけでもないんだけどね。
 例えばさ、2003年9月のSPEED再結成時の「BE MY LOVE」の冒頭なんかは、パイプオルガン使ったりして、それらしき雰囲気出してるんだけどね。
 この曲は、そこまで、印象的な使い方はしてない。一応、間奏部で使ってるけどね。

 しかし、季節的にはマッチしてると思いますよ。もうすぐクリスマスっていやがおうにも感じてくるっていうか、秋深の雰囲気⇒温度感と、教会の雰囲気ってあうんですよ。

 でも、尾崎亜美っていうヒトは、このてのおごそかな雰囲気出すのが、この時期得意だったんだよねぇ。 例えば、岡田有希子の85年1月のヒットの「二人だけのセレモニー」とかも、この曲と雰囲気的には似てたしね。同じキャニオンだし、多分、ヒントとしては、ここから引っ張ってきたとは思うんだけどね。
 まあ、もともと、バラードかかせたら天下一品の尾崎亜美さんだもんね。このての曲はお手の物といったところかなぁ。

 ちなみに、個人的には、松本伊代の「時に愛は」が好きなんですよね。 この曲に関しては12月にでも書きます。

 新田恵利さんは、ご存知のように、おニャン子クラブ、会員番号4番です。つまり、一番最初からのおニャン子のメンバーですね。
 この曲は、ソロ4曲目で、しかも4枚目の1位獲得曲。つまり、この曲までは、すべて1位獲得してたわけです。同時は、たしか、デビューから4曲連続1位っていうのは、記録だったんだよね。ただ、1位もこの曲まで。
 87年に入って、急速におニャン子人気が下火になったと同時にって感じだったよね。新田人気も。
 
 でも、新田恵利の笑顔が好きだったったっていう人は多いんぢゃないかなぁ。かくいう 私もそのひとりですわ。

 よく、おニャン子ト、モー娘。って例えられるけど、「笑顔」人気でいえば、モー娘。でいえば、「なっち」にあたるのかなぁ?
 ワタシの独断たけど・・・。

 ジャケット。ワタシ、今の今まで、この曲のジャケ写しらなかったの。ウチにこの曲の音源はあるんだけど、後々になって、おニャン子のベスト盤といえる「家宝」に入ってたからね。この曲。
 ジャケ写見る限りでは、秋っぽいっていうよりかは、春っぽいねぇ。 なんかちょっと違和感ありだーね。



※2005年11月に書いたものの再掲載です。