ボディ・スペシャル-サザンオールスターズ






今回の1曲セレクトは、「ボディスペシャル供廚匹┐后
 ほんじゃ、まずは、データから。。。

・タイトル    :ボディスペシャル
・アーティスト  :サザンオールスターズ
・作詞  桑田佳佑
・作曲  桑田佳佑
・編曲  サザンオールスターズ
リリース日  :1983年3月5日
発売元     :ビクター
オリコン最高位 :10位
売り上げ枚数  :30.3万枚

 なんで、「ボディスペシャル供廚覆痢 ・・と言われりゃ、決まってるでしょ! NUDE MAN に続く、エロジャケットだからでしょ! ダンナ!
 ・・・・いーーえ、断じて違います!! 気になったんだよね。この間の44枚のシングルリリースで、一番うれたのが、この曲なのよ。
 普通だったら、TSUNAMI、いとしのエリー、勝手にシンドバッド・・・あたりだよね。売れるって言ったら。

 でも、実際は、この曲だったんだよね。 ほんじゃ、なぜ?
そりゃ、あのジャケットにつられて・・・・・バシッ(殴られる音)・・・・
 ・・なわけねーだろ。
(この辺、中島みゆきの「ひとり上手」が聴こえてきそうね)


 それはさておき・・・

 うーん、考えるにね、この曲、オリジナルアルバムに入っていないから何じゃないかなぁ・・と。
 いや、それだけじゃない、「海のYeah!」とかに代表されるコンセプトベストアルバムにも、ほとんど入れられていない。
 あの、プレミアがついたベスト盤「すいか」には入ってるけど、プレミアゆえ、手に入らなかったヒトがかなりいた・・
 などの理由から、いままで、結構、入手しづらかったんじゃないかな。

 それと、もうひとつ、曲がストレートなロックだから、ぢゃねーかな。
・・・というのも、近頃のサザン、このテの「HARD ROCK」調の曲、ほっとんどやっていないのよね。
 シングルでは、95年の「マンピーのG☆SPOT」以来、ないんぢゃないかな。
 今度の新曲「BOHBO NO.5」たしかに激しいですよ。でも、どちらかと言うとROCKというよりラテンなんだよね。
 5年前の「HOTEL PACIFIC」にしても然り。
 
 だから、ここ最近のファンにとっても、新鮮だったんじゃないかな。サザン=ROCK BANDということを再認識するにもさ。
 いや、ファンは、望んでいるんですよ、きっと。こういった、ROCKBANDを再認識させるような曲を。
 何を隠そう、私もその一人だからさぁ。だから、正直言うと、今度のBOHBOは、心からは喜べないんだよね。
 あ、それが、今週のランキングにも出てきてるんぢやないかなぁ。


 ちなみに、前年の「チャコの海岸物語」もそうだったけど、この曲もこの年夏のオリジナルアルバム「綺麗」には、収録されていません。
 この間も書いたけど、サザンのオリジナルアルバムは、基本、コンセプトアルバム何だよね。 だから、アルバムのコンセプトに沿わない曲は、たとえ、ヒット曲でも収録しない・・という姿勢を貫いたわけで・・。
 もちろん、この曲、入れたところで、やはり浮いちゃたろうけど・・。

 流れから見ると、「ホディスペシャル供廚蓮∩闇の「NUDE MAN」の流れなんだよね。うん、それが、ジャケットにも表れているんだけど・・。
 逆に言うと、「NUDE MAN」というプロジェクトは、この曲で完結してるんだよね。その締めくくりの曲でもあるわけ。

 で、この曲を境に、サザンの曲調が変わるんですねー。
あらたな新境地というべき、コンピューターサウンドとロックの融合、ラテンのリズムを取り入れるなど、新たな実験の場が始まったのね。この流れは、2年後の85年のアルバム「kamakura」で花開くんだけどさ。

 そういう、端境期の曲でもあった・・・ということで、個人的にも印象深い曲なんですよねぇ〜。
 ROCK IN JAPANでは、この曲やるかなぁ!? 期待するへぇかな。。。
 
 さあて、気分は盛り上がってきたヨン! このまま、ROCK IN JAPANへなだれこみだぁ・・・と行きたい所だけど、明日は仕事なんだよな。。。ぷぷぷ。。。
 多分、仕事、手につかないだろうけどなぁ。 でも、土日に向けて気持ち盛り上げていくヨン。


 だそく・・。最初に書いた、曲データの売り上げが「ちがくねー」と気がついたヒト、「アンタはエライ!」(小松政夫調で)
 ぢつは、今週もベスト100に入ってるだろう・・とタカをくくってて、再発の分も含めた枚数、調査してなかったのよ。
 だから、オリジナルの時のみのセールス枚数です。
 あしからず。



※10年前に書いた記事の再録どぇす。