かじやんのヒット曲&チャートレビュー

ヒット曲を聴き続けて約40年! かじやんがお送りする、「今」のヒット曲&ヒットチャートから、「あのころ」のヒット曲&ヒットチャートまで、ヒット曲について幅広くご紹介するブログ。 自主チャートサイト"THE HITCHART NOW AND THEN"の支店ページという位置づけにいたします。

サザンオールスターズ全国ツアー2019@札幌ドーム

2015年の全国ツアー「おいしい葡萄の旅」に参戦して以来4年。
2019年全国ツアー、サザンオールスターズライブ「キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!”だと!? ふざけるな!!」への参戦。

2019年6月8日(土) 15時過ぎ。新千歳空港に降り立つ。

今回のサザンライブ、やっとここまで来れたか・・・と言う思いが強い。

最初の難関。今回のライブ参戦、兎に角チケットが当たらなかった事。

ファンクラブ先行、1次、2次と立て続けに全敗し、一度は今回は諦めます・・と宣言したものの、やっぱり諦めきれず、最後の悪あがきでローチケ先行に応募。

本音を言えば、アリーナだったら別だけどスタンドからは豆粒のようにしか見えない距離感、音響の悪さからドームライブを避けたかった。
でも、今回はそんな事言ってられない・・ということで、より当たりやすい・・・と思えるドーム会場、しかも全国のドーム会場を片っ端から応募した。

結果当たったのは、札幌ドーム 6/8(土)  のチケット。

やった

と思ったのもつかの間、ライブ「前日」の6月7日。
数日前に前歯根のまわりに雑菌が入りこんで膿が溜まり激痛が走った。すぐに歯医者に駆け込み殺菌剤と抗生物質を投与したんだけども、その抗生物質が強くて、殺菌剤を詰めた前歯の痛みと共に熱が出てしまった。
これはアカン。 明日札幌までなんてとても行けない。。 と諦めかけたのだが・・・。
兎も角早く寝てしまおうと、残業でヒーヒー言ってる同僚上司を尻目に早々に帰宅し、さっさと寝てしまった。
これが結果的には良かった。当日朝には熱が下がり痛みも少なくなっていた。

ホント、ライブ当日までハラハラしながら、なんとか辿りついた札幌ドーム。

いやがおうにも気分は高揚してくる。

指定された席はスタンド 27通路34列194番。 一番通路側の席。

まあ、ファンクラブ先行から漏れたんで、今回はアリーナは期待していなかったがやはりスタンドだった。
ただ一番通路側。出入りが楽なので好みの席。これだけは助かった。 

19時。定刻丁度に「キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!”だと!? ふざけるな!!」ライブスタート

オープニングは、「東京VICTORY」

今回のライブ正式には、上記のようなヘンチクリンな長いタイトルがついてるど、実質的な名目はデビュー40周年記念、そして41年目(未来へ)に向かってをテーマにしたライブである事は間違いない。

そんな40年間の「時空」を超えて・・・というテーマに沿ったような演出が特徴的だったような気がする。

○○周年記念ライブという名目のライブは昔からあった訳なんだけども、過去から現在に向かったセットリストのライブがこれまでは多かったのではないか。

でも、今回のサザンのライブでは、現在から40年前に遡って行く、 そんな時間軸に沿ったセットリスト。
まあ、時間軸的に正確に・・と言う訳ではなく、セットリストを大まかに見れば・・・と言うところですけどね。
それが個人的には印象的だったな。

その象徴として2010年代のシングル「東京VICTORY」そして「壮年JUMP」からスタートしたというのは、当然だったのかもしれない。

今回のセットリストは、シングル曲というよりもアルバム曲中心。 
ココが、昨年のROCK IN JAPANでのセットリストとは大きな違いでしたね。

デビュー40周年記念と言うところから見ると、昨年のROCK IN JAPANはもろそれに当たるライブと言う事になるだろうけど、ライブがライブだけに、サザンファンだけのライブじゃないし、だから、ああいう、各年代の代表的なシングル中心という、サザンファンからすると大盤振る舞いなセットリストになったんだろうけど、今回はサザンのワンマンライブ。

サザンファン中心ということで、ROCK IN JAPANとは打って変わって、アルバム中心のセットリストに変わったんだろう。

まあ、それは、今に始まった事ではなく、昔からそうなんだけどね。

ただ、前回の「おいしい葡萄の旅」ツアーと大きく違うのは、事前にオリジナルアルバムのリリースが無かった事だ。そのためアルバム中心言っても、歴代のアルバム曲からのピックアップ。

前半は、そんなアルバム曲でも、比較的ミディアムテンポな曲が中心。

前回の「おいしい葡萄の旅」でもそうだったけど、最近はサザンのメンバーもそうだけど、お客さんの年齢も上がってきている。だけど、ライブ時間今回も3時間30分、曲数も相変わらず多い。
最初から飛ばすと、みんな最後にグロッキー・・・にもなりかねない・・んだろうね。 前回の「おいしい葡萄の旅」もそうだったけど、前半戦は「イケイケドンドン」というよりも、ミディアムスローな比較的落ち着いた曲が多くなってきている。

コトバ遊びが巧みでかつ、「和」のテイストが怪しげな雰囲気を醸し出す

「古戦場で濡れん坊は昭和のHero」 
「JAPANEGGAE」 

60年代のフランスシャンソンの香りが漂い、ファンの間では根強い人気の

「慕情」 

もろスパニッシュ、フラメンコギターが曲を盛り上げる

「赤い炎の女」 

など80年代、90年代のアルバムからの曲が中心。 
曲調は、和テイストが強いもの、ヨーロッパの匂いが強いもの・・と幅広い。 いかにサザンの守備範囲が広いのか、改めて確認できる。
ただ、そんな世界のサウンドを使いつつ、詞は日本語を強調した曲。 そんな曲が前半に多かったですね。

ダブルミーニング。

一つのコトバで二つの意味がとれるような歌詞ですね。 強制的な当て字ではあったけどもそんなダブルミーニングを多用した曲が、80年代中盤のアルバムには多かったんだけども、今回はそういうダブルミーニングではなく、純粋に日本語の良さを前面に出したアルバム曲が、ライブ前半戦には多かった。
これは今回の特徴の一つだったと思う。

もう一つの特徴は、ライブではめちやくちゃ久しぶりに演奏した曲も多かった事。

アンコール最後の「旅姿六人衆」がライブでは20年ぶりの演奏・・と言うネットニュースが流れたが、今回中盤で演った「HAIR」は、ライブでは20年以上ぶりじゃなかったか。

LIVE FANSでの過去のセットリストを遡って行くと、この曲が収録された1992年の「世に万葉の花が咲くなり」リリースの年末ツアー「歌う日本シリーズ1992-1993」以来、約27年ぶりで演奏されたと思うんだが、いかがだろうか。

サイケデリック色が強い「世に万葉の花が咲くなり」の中でも最もサイケの色合いが濃いこの曲。
CDを聴くと、思わずドラックを浴びた後の幻覚のような(というか、ワタシはクスリはやった事が無いんで、あくまでイメージ)世界。

予めLIVE FANSで、今回のライブセットリストを予習していたワタシは、一体どんな世界を演奏するんだろう・・・と楽しみだった。

予想外だった。宇宙に飛び出した星空間を漂うような映像演出。 確かに演奏自体は原曲に沿ったアレンジでしたが、この映像演出によって原曲では感じられなかった壮大なイメージが場内を漂う。

星空間を漂うようなこの演出は、きっと、40年の時を超えると言う意味もあったんだろうな。
そんな演出に、この曲は最適だったと思う。 27年ぶりでこの曲を演った意味を感じた選曲だった思いますね。

「HAIR」の後は、後半戦。あとは、最後に向かって、アッパーな曲のヒットストリーム。 のって行きますよ〜。

・・ってな具合で、周りを気にせずにノリノリなワタシがいたりして。。

特に、参戦ライブでは初めて聴くこととなった

「DJ・コービーの伝説」 
「わすれじのレイドバック」
「思い過ごしも恋のうち」

にゃ、我を忘れて歌っているワタシがいたりして。。。

特に「思い過ごしも恋のうち」なんて期せずして・・・だったよなぁ。 まさか、ココに来てこの曲が聴けるとは思えなかったし。 40年前のベストテンの光景が脳裏に浮かぶ。
一昨日(7/13)の東京FM「桑田佳祐のやさしい夜遊び」でも、桑田氏自身この曲が一番楽しかったってのたもうておりましたしね。

兎も角、今回のライブ、ディープなサザンファンには、最近のライブではあまり聴けなかった曲もふんだんに演ってくれ満足じゃ無かったか。
 いや、 サザンファンを続けて40年のワタシにゃ、ツボに嵌まったセットリストで満足だった。

ただね、反面、幅広い年代のマニアックなアルバム曲が多かった今回は、ライトなサザンファンにはちょっときつかったのではないか。 特に2000年以降にファンになった若いサザンファンにはどうだったんだろう。

帰りがけにまわりからは「TSUNAMI」やらなかったし〜 などなど2000年代の曲をもっと演って欲しかった風な
声も割りかし聴こえたりした。
それと、自分のまわりの盛り上がりも、今一つだった気がする。
スタンドだったからかもしれないけど、アリーナでは当然スタンディングでノリノリに盛り上がっていた後半の曲でも、ワタシのまわりでは、スタンディングしてるヒトも少なく、意外と冷静に見てるヒトが多かった印象が強い。

知らない曲だったからなのか、年齢的だからなのか、分からないけど、折角のライブなのになぁ・・なんて、ワタシは思ったり。 キニなった点ですね。


それよりなにより、今回のライブでキニなる事が一つあった。

それは、アンコール最後の「旅姿六人衆」の事だ。 
1曲前が「勝手にシンドバッド」。金色、銀色のテープが飛び交い、当然のことながらライブの盛り上がりは最高潮  

でもね、「〜シンドバッド」が終わった途端、 「ライブ終了」とばかり多くのヒトたちが帰り支度を始め、ワタシの脇の階段は出口へ向かう人たちで渋滞となった。

おいおい、まだライブ終わってねーぞ。 まだ1曲あるじゃんか。。。
しかもライブでは20年ぶりで演る「旅姿六人衆」だぞ。

確かに、アンコールの最後前に席を絶つ人は、他のライブでも全くない事はない。交通事情など、それぞれの方で事情はあるだろう。

でも、最後の曲が終わる前に、ここまで多人数、席を立ち、出口に向かうヒトで渋滞状態になったライブは、少なくともワンマンライブでは初めてだ。

ある意味、この曲をこのライブの目玉、聴きたいと思って楽しみにしていたワタシは、ちょっと幻滅な気分となった。

結局は、「〜シンドバッド」さえ聴ければ、満足だった方がそれだけ多かったって事なのか。

いや、たしかに、それを考えると、ライブ後半の、ノリがいい曲でもスタンディングせずに、意外と冷静に見てるヒトが多かった事もある程度理解できる。 結局は、ライトなファンが多かったと言う事なのか。

ただ、今回のライブを見にココまで来るのに、チケットを手に入れる事自体大変だった事、前日体調不良だった事など、いろいろ試練があってのライブ参戦にこぎつけたワタシにとっては、ちょっと信じがたい光景だった。
きっと、みんな大変な思いでここまで来たと思ってからさ。 みんなアンコール最後の曲まで堪能するものだと思っていた。
そう言う意味では、ちょっと後味が悪い思いを最後の最後で見せつけられたような気がしたんだよね。

たしかに野外フェスではよく見られる光景ではある。 でも、出入り自由の野外フェスと、ドームという巨大会場であるとは言えワンマンライブとでは、観戦マナーの違いはあると思うんだよね。
昨今のフェスブームで、多くのヒトたちにフェスでの観戦ルールが普通になったって事なんだろうか。

これは札幌ドームのこの日だけの光景だったんだろうか。他の会場でも見られたんだろうか。ちょっとキニなった光景で終了した、今回のサザンライブと相成った訳です。


【サザンオールスターズ@ 札幌ドーム 2019.6.8 セットリスト 】

1.  東京VICTORY    (2014年シングル)
2.  壮年JUMP (2018年 配信シングル)
3.  希望の轍 (1990年 アルバム「稲村ジェーン」より)
4.  闘う戦士たちへ愛を込めて (2018年 配信シングル)
5.  SAUDADE〜真冬の蜃気楼〜(1998年 アルバム「さくら」より)
6.  彩 〜Aja〜 (2004年 シングル)
7.  神の島遥か国 (2005年 「BOHBO No.5」C/W)
8.  青春番外地 (2015年 アルバム「葡萄」より)
9.  欲しくて欲しくてたまらない (1985年 アルバム「kamakura」より)
10. Moon Light Lover (1996年 アルバム「Young Love」より)
11. 赤い炎の女 (1983年 アルバム「綺麗」より)
12. 北鎌倉の想い出 (2018年 原坊ソロ)
13. 古戦場で濡れん坊は昭和のHero (1985年 アルバム「kamakura」より)
14. JAPANEGGAE (1984年 アルバム「人気者で行こう」より)
15. 女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ)  (1989年シングル)
16. 慕情 (1992年 アルバム「世に万葉の花が咲くなり」より)
17. 愛はスローにちょっとずつ(新曲)
18. ゆけ!!力道山 (1993年 「クリスマス・ラブ」C/W)
19  CRY 哀 CRY (1998年 アルバム「さくら」より)
20. HAIR  (1992年 アルバム「世に万葉の花が咲くなり」より)
21. 当って砕けろ (1978年 「勝手にシンドバッド」C/W)
22. 東京シャッフル (1983年シングル)
23. DJ・コービーの伝説 (1982年 アルバム「NUDEMAN」より)
24. わすれじのレイド・バック (1980年シングル)
25. 思い過ごしも恋のうち (1979年シングル)
26. はっぴいえんど (2015年 アルバム「葡萄」より)
27. シュラバ☆ラ☆バンバ  (1992年シングル)
28. マチルダBABY (1983年 アルバム「綺麗」より)
29. ミス・ブランニュー・デイ (1984年シングル)
30. イエローマン 〜星の王子様〜 (1999年シングル)
31. マンピーのG★SPOT (1995年シングル)
 
アンコール 
1.  I AM YOUR SINGER (2008年シングル)
2.  LOVE AFFAIR〜秘密のデート (1998年シングル)
3.  栄光の男  (2013年 「ピースとハイライト」C/W)
4.  勝手にシンドバッド (1978年シングル デビュー曲)
5.  旅姿六人衆(旅姿四十周年)  (1983年 アルバム「綺麗」より)
 

よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

MOMOKO / 近藤真彦

1982_07_ハイティーンブギ_近藤真彦


今回の1曲セレクトは、「MOMOKO」近藤真彦です。

まずはデータです。

・タイトル      MOMOKO
・アーティスト    近藤真彦
・作詞        松本隆
・作曲        山下達郎
・編曲        山下達郎
・リリース日    1982年6月30日
・発売元      RVC
・オリコン最高位 −位
・売り上げ枚数  −位
・THE HITCHART HOT30最高位 −位
・タイアップ:映画「ハイティーン・ブギ」挿入曲
※シングル「ハイティーン・ブギ」片面

今週はジャニーズ事務所「総帥」のジャニー喜多川氏の死去と言うニュースが、各ワイドショーのみならず一般のニュースにも広く報道された1週間でしたわな。
年齢的にもそうだし、先月くも膜下出血で倒れたという報道からも、もしかしたら・・・と言う予感が高まっていた訳ではあるんだけども、いざ来てみると、その存在の巨大さに改めて気づかされた1週間でもあったな。
改めて、ご冥福をお祈りいたします。

そういうこともあり、今回の1曲セレクトもジャニーズの曲を外すけにゃ行けないだろ・・と言う思いがあり、真っさいに浮かんだ曲がこの曲だったんだな。

まっち先生の「MOMOKO」

この曲覚えてる方ってどのくらいいるだろ? 昔、まっち先生のファンだった方は当然知ってるかな?

そう、シングル「ハイティーン・ブギ」の片面だった曲ですね。 当時まっち先生が主演した、たのきん映画第4弾「ハイティーン・ブギ」の挿入曲。 まっち先生演じる主人公「翔」の相手役 「桃子」を歌った曲ですわ。

なぜ、この曲が真っ先に浮かんだのか

もちろん、タイトル曲の「ハイティーン・ブギ」が丁度今頃のヒットだった事も大きい。
けど、それ以上に大きいのは、今年のこの夏の天候不順なんだよな。 

これは昔、「表題曲」の「ハイティーン・ブギ」書いた時にも触れた事なんだけども、この曲がリリースされた1982年夏ってさあ、今年同様、天候不順な夏で、気温が低く、雨の日が多かったんだよ。
典型的な「冷夏」な夏だった訳で。

あの時と同じような天気が続く、ここ暫くの天気。 今日も同じような天気か続いている訳で。。
今頃の雨の日の日曜日というと、どうしてもあの1982年の夏とオーバーラップしてしまう。
その時決まって耳の奥から聴こえてくるのは、この「MOMOKO」だったするんだよ。

そんな天候不順だった1982年夏を彷彿させるこの曲は、文字通り「珠玉のバラード」と言ってもおかしくないような、名曲なんだよね。
山下達郎氏が紡ぎたす、名バラードが、決してウマくない、まっち先生の歌唱を包み込むって言いましょうかねぇ。

今聴いても、到底、当時のアイドルの曲の範疇を超えてるような本格的なバラードだもんね。

http://yamashitatatsuro.blog78.fc2.com/blog-entry-218.html?sp

によると、演奏メンバーは

・G. 山下達郎
・B. 伊藤広規
・Dr . 青山純
・Key. 難波弘之

とある。

もろ当時の「達郎バンド」のメンバーやん。。。 そりゃ、アイドル曲の範疇を超えてるクオリティだよな。。
いや、82年当時の水準で言えば・・・の話だけど。
これが80年代も中盤を過ぎると、これが「デフォルト」になる。 例えば86年の中森明菜の「DESIRE」なんかもこの系統人脈のレコーディングだったはずだ。

イントロの優しい、フェンダーローズの音色からして、これはちょっと違うと思わせてくれる。 当時アイドルの曲で、これだけフェンダーローズが前面に出てる曲ってあんまりなかったし。
どちらかというと、70年代と言う時代を彷彿させる様なニューミュージック系アーティストの必須アイテムだった。

つまり、匂いは完全にニューミュージックなんだよね。  そもそもテンション系コードをふんだんに使ったコード進行からして、アイドル曲というよりニューミュージックそのものなんだけどさ
テンションコードに 前年の寺尾聰氏のミリオンセラーアルバム「Refrections」で多用され、耳の奥に刻む込まれていた世界が、この曲でも展開されてるんだよな。

それにも増して耳が行ってしまうのは、間奏部の達郎氏直々の、泣きのギターソロ。
これがめっちゃブルージーなのよ。

正直、今聴くと「すげぇ」って驚嘆するようなプレイでは決してない。(もしかして本人が一番分かってたりして。。)
今剛氏や、矢島賢氏の方が、もっと確実性のあるギターソロだったかもしれない。
現に、表題曲の「ハイティーン・ブギ」のギターソロは、矢島賢氏がプレイしてたりする。
でも、味があるんだよな。少なくとも、ワタシにはあの時の沈んだ心模様にはマッチする。

そう、1982年夏っていうのは、個人的にもさらに特殊な環境の夏で。 つまりは1982年の7月の頭に福島から千葉に越してきたっていう、大きな環境変化があった夏でもあったんだよね。

今だからカミングアウト出来る事だけど、あの年は本当に辛かったんだよ。 友達も全然いないし、自分をアピールしようと思っても全然理解してもらえず友達も出来ない。所詮はよそ者扱いに過ぎなかったんだよ。
孤独だった。ずっと福島に帰りたいってばかり思ってた夏だった。

そんな個人的に辛い時期だっただけに、この曲の達郎氏の泣きのギターソロには、ひときわグッとこみ上げるものがあったし、それは今でも変わらない。


それ以前に、そもそもこの曲を知ったきっかけは、月刊明星付録の「ヤンソン」に楽譜付きで載ったからなんだよな。
「ハイティーン・ブギ」の「片面」ということは通常B面なわけで、あまり世間一般には表に出てこない。
ただ、この曲は「両A面」扱いだったんだよね。 
まあ、「ハイブギ」人気と相まって、ヤンソン側も譜面付きで載せたんだろうけど、そうじゃなきゃ今頃完全に死角に入っちゃってただろうな。 今となっては感謝ですね。


 


ところで、当時、「たのきん映画」って好きでさ、第3弾の「グッドラックLOVE」まで、全部映画館で見たんだけど、この「ハイブギ」から見なくなっちゃったんだよな。
 この作品については、もう見なくてもどうでもいいとは思わなかったけど、やっぱ引っ越したばっかってことが大きかったんだよな。 千葉の事、全然分かんなかったし。

今になって、当時の配給収入を調べたりすると、この「ハイティーン・ブギ」、1982年度の邦画配給収入は18億で、薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」について2位だったんだねぇ。

http://www.eiren.org/toukei/1982.html

どうやら一連の「たのきん」映画の中では一番ヒットした作品だったらしいんだよね。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

【キニナル曲】834.194 / サナクション

2019_06_834.194_サナクション


データです。

・タイトル    834.194
・アーティスト  サカナクション
・発売元    ビクターエンタテインメント
・リリース日   2019年6月19日

やおら、ブログタイトルを見て、なんでぇシングル曲じゃ無くて、アルバムタイトルぢゃんなんて言わないでね。

勤務している会社では、1日中FM東京が流れてるんだけど、先週はやたらとサカナクションのニューアルバムがかかったんだよな。

これがさあ、ワシの年代・・・というか、今の50代には引っかかる曲調ばかりでめちゃくちゃ気になった。で「休日」である昨日Spotifyで全曲視聴してみた。


なるほどぉ、これは「ツボ」ですな。

全体的に一言でまとめると「1970年代へのオマージュ」って感じですねぇ。

メインは、シンセを多用したサウンド。ただし1980年以降のYMOの完全なテクノというわけではない。むしろ1970年代終盤のゴダイゴですね。根っこの部分は。
ただ、ゴダイゴって「西遊記」でもそうだけど、ポリフォリックというよりもモノフォリックシンセを多用していたイメージが強い。


これをポリフォリックシンセでやったら・・・。 


サカナクションっていう人たちのサウンドは、そんなイメージある。 

特にシングル「新宝島」以降は、そのイメージがより強くなったわけだけど、今回のアルバムも、基本はその延長線上にはあるな。

このアルバムで、そのイメージを最も踏襲しているのは、もろゴダイゴの「西遊記」、いや「モンキーマジック」な3曲目の「陽炎」か。


「新宝島」の時と違うのは、もっとファッショナブルあり、ファンキーあり、ダンサブルあり・・と曲想が幅広い。 ただし、その色合いっていうのがどの曲も「1970年代」っていう時代の独特の猥雑さを感じるんだよね。


その中でも一番感じたのは「1979年」という時代性だな。

1979年って今振り返ってみると独特な年でさあ。
ウエストコーストの風ポップスがあったかと思うと、YMOのようなテクノと呼ばれるサウンドもある。
さだまさしのようなフォークタッチのサウンドもある。 フェンダーローズを多用したAORな曲もある。プログレっぽい曲もある。ディスコミュージックがある。かたや演歌もある。

一見すると、非主体性的イメージがあるけど、そうじゃない。この猥雑さが79年と言う年の良さでもあり世相を映しているように思えるんだよな。
このアルバムの曲からは、これらの要素がすべて含まれてたりするんだよな。


フロントマンの山口一郎には、今の世相が40年前の1979年と同じように見えたのかもしれない。
単純に40年前と言うキリの良さから、1979年と言う時代の音楽の要素を今の時代に甦らせたのかもしれない。

その辺り、正しい解釈はしかねるけど、少なくともこのアルバムから感じることは1979年と言う時代の空気感ですね。




ちなみに1曲目の「忘れられないの」は、ウエストコーストタッチのサウンドにギターのカッティッング、チョッパーを多用したファンキーなベースが絡んでくるアルバムのリード曲。
この曲のMVが思いっきり「杉山清貴&オメガトライブ」的リゾート風なんで、ネットを見ると下敷きは80'S・・・うんにゃ、「オメガトライブ」って言ってる方や、メディアが多いけど、ワタシは「オメガトライブ」的とは感じなかった。
そもそもオメガトライブってベースラインがここまでファンキーぢゃないし。。。 同時期で言えばC-C-Bの方がベースラインはファンキーだったよね。
・・・・というかベースの草刈女史のベースがファンキーなんだよな。ここまでチョッパーがキマるベースウーマンってそうそういないと思う。 
2曲目の「マッチとピーナッツ」に於いての、ヤマタツの「BOMBER」を思わせるような強烈なベースラインなんて男でもココまでなかなか弾けないよな。

ただ、個人的に一番「刺さった」曲は、6曲目の「モス」。
もろ、山本リンダ「狙いうち」 + アン・ルイス「LAV YA」 なイントロはヤバイでしょ。

BUT、こんな事書くと、↑で書いた79年じゃねーじゃん。「LAV YA」は83年。80年代じゃんとか言われそうだけど、80年代って83年3月のヒット曲までは、70年代のオマージュだからさ。

まあ、そう感じるのはワタシだけかもしれないけど、82年の70年代カバーブームなんてモロだったじゃん。その視点からすると本当の80年代のヒット曲って83年4月以降なんだよね。
佐野元春の「グッパイからはじめよう」。この曲のリリースが1983年3月5日。この曲が70年代との本当の意味での決別に聴こえるんだよな。
 それから見て、それの少し前にリリースされたアン・ルイスの「LAV YA」」も70年代のオマージュ。つまりは70年代的な曲なんだよね。



危い土曜日 / キャンディーズ

1974_06_危ない土曜日_キャンディーズ


今回の1曲セレクトは「危い土曜日」キャンディーズです。

まずはデータですよ〜

・タイトル     危い土曜日
・アーティスト   キャンディーズ
・作詞       安井かずみ
・作曲       森田公一
・編曲       竜崎孝路
・リリース日    1974年4月21日
・発売元      CBSソニー
・オリコン最高位   46位
・売上げ枚数   3.8万枚

先日ネットニュースでも大々的に取り上げられていたけど、元キャンディーズの伊藤蘭さんのソロプロジェクトが始動ってことで、1stソロアルバムが先週リリースされて来ましたわな。

キャンディーズ解散から41年ぶりの「新音源」ということで、さてどの位売れるのか・・・っていうのが興味があるところなんだけど、29日のリリース以来のオリコンデイリーランキングでは、アルバムランキングで10位前後を推移している。 このままいけば、今週のウイークリーランキングではベストテン内に入ってきてもおかしくなさそう。

なるほどぉ、キャンディーズ解散から41年たっても、やっぱり蘭さんって人気があるんだなって言うのを再確認したわけで。。。

いや、ちょろちょろネットニュースを見て、「これは・・・」と思ったのが、今回の蘭さんの音楽への「カムバック」の背景に、「全キャン連」がどうも一枚噛んでいるようで。。。

「全キャン連」⇒「全国キャンディーズ連盟」

そそそ、当時、「キャンディーズ」についていた全国組織の親衛隊ですわ。

まあ、当時のアイドルには親衛隊は必ず付いていたもんだけども、この「全キャン連」って言う組織()はそんな数あるアイドルの親衛隊の中でも結束力の強さはダントツだったわけですね。

なんせ、あの「ザ・ベストテン」で、人気最高時のピンク・レディーを1位から引きずりおろした「組織」ですから

キャンディーズ解散後の1978年当時「ベストテン」を見てた方には有名だけど、1978年4月、キャンディーズ解散後もベストテンの「1位」を続けていた「微笑がえし」が4月20日放送で、ピンク・レディー「サウスポー」に1位の座を奪われてしまう。

これを見た「全キャン連」の一部の方が奮起。 即座に「ザ・ベストテンで「微笑がえし」をもう一度1位にしよう」と言うキャンペーンを全国的に展開。ベストテンへのハガキリクエストを呼び掛け。次の4月27日放送分から3週にわたって、見事1位に返り咲かさせたエピソードが残ってたりする。

まあ、このキャンペーンが成功したのは、当時のベストテンの要素別配点は「ハガキリクエスト」が最も配点が高かったため功を制したとも言えるんだけども、そのくらい音楽界を動かす事が出来る結束力の強さがあったとも言えるんだよね。

だからねぇ、個人的には「全キャン連」にゃ、末恐ろしい力を感じちゃったりするんだよなぁ。

そんな「全キャン連」が、今回の蘭さんの復活に一枚絡んでる・・・となりゃ、やっぱりチャートの動きは気になってきちゃったりするんだけどさ。 ↑で書いたように次のウイークリーチャートでベストテン入り出来そうなところまで来てるってことは、やっぱ、未だにその影響力はデカイ・・・と認めざるを得ないかなぁ。

・・・なんて思ってる次第だったりしてね。


おーっと、前置きが超長くなっちまったわい。

そんな訳で、伊藤蘭さんが「復帰」した今週は、やっぱりキャンディーズのどの曲かを持って来たい。

・・・とは思ったものの、キャンディーズの「今頃」のヒットって、既に書いちゃったんだよな。 

さてどうしようかと思ってたら、いやいや1曲残ってたぞ。。。

「危い土曜日」

この曲、デビュー3枚目のシングルなんだけども、さっすがにねこの曲はしらねーぞって方も多い・・・だろうな、きっと。

そもそもこれを書いてるワタシでさえリリース当時の事はよく知らないんで。。。。

まあ、それもそのはず・・というかねぇ、キャンディーズリリースした18枚のシングルの中で、一番「売れなかった」曲。 それがこの「危い土曜日」だったりするのよね。

ランキング的にも、オリコン最高位46位。 俗にいう「左ページ」ギリギリですよ。
「左ページ」に入ってるだけどもヒットだよって言う見方もあるけど、ことアイドルにとっては、オリコン30位以下なんてのは、固定の熱狂的なファンは別として一般のヒトたちの認知度から言ってもヒットしてないのも同然って感じだからなぁ。

だからさ、知らなくても当然と言えば当然なんだけど。。。。

BUT、後年キャンディーズの「ベスト盤」を聴いてて、この曲に引っかかっちゃったんだよな、個人的に。

まあ、タイトルからして引っかかると言えば引っかかるんだけども、デビュー3枚目のシングルだから、当然デビュー曲の「あなたに夢中」のようなミドルテンポの軽いポップチューンが続くんだろう・・と思いきや・・・。

なんだなんだ? R&B的な黒っぽさが漂う、緊張感いっぱいのアッパーチューンな曲調は。

当時のアイドルの曲調・・特にシングルでは見られなかったR&Bっぽい黒っぽさ。これが特に引っかかっちゃったところかなぁ。

アイドルの中でも、お嬢様的、非力感が強いキャンティーズが、こんな曲調を歌う。 これだけでも、ある意味充分魅力的であるとは思いますけどね。 というか、まず普通は、思いつかないもの、こういうをやるって言うのを。

いや、最近ではこの手の、見た目からは全く想像がつかないようなアイドルっていうのは、いろいろいるけどさ。
70年代当時のアイドルって、ビジュアルから曲調って大体想像がついたりするんだよね。見た目からの曲想が裏切らないっていうかさ。

この曲は、完璧に裏切ってるなぁ。 でも、今となってはそこがいいんだろうな。

ただ、当時の水準から言えば、そこがウラ目だったんだろうね。 この曲がキャンディーズの中で一番売れれなかったっていうのは。

それにしても、作曲の森田公一氏が、こういう緊張感あるアッパーチューンな曲を書くとはねぇ。 いや、この曲の場合最も意外だったのは、竜崎孝路氏のアレンジと言った方がいいかな。
竜崎氏といったら、もっと演歌よりの歌謡曲って言うイメージが強かったんでね。どちらかと言えばもう一つ垢抜けない曲調って言うイメージだったんだよな。こういうR&B的な黒っぽいサウンドを作るとね。




よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

君がいない / ZARD

1993_06_君がいない_ZARD


今回の1曲セレクトは、「君がいない」ZARDです。

まずはデータから

・タイトル     君がいない
・アーティスト   ZARD
・作詞       坂井泉水
・作曲       栗林誠一郎
・編曲       明石昌夫
・リリース日    1993年4月21日
・発売元      B-Gram
・オリコン最高位 2位
・売上げ枚数   80.2万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 2位
・ベストテンランクイン期間:1993年5月7日〜6月7日付
・タイアップ:日本テレビ系ドラマ「彼女の嫌いな彼女」主題歌

個人的にもすっかり失念してたんだけども、ZARDの坂井泉水さんが亡くなってから、12年も経つんだよね。
先日YAHOO トップページの「あなたへのおすすめ」コラムに掲載されてて、ハッとした次第で。
・・ということは、今年が13回忌になる。 早いもんだね。

亡くなった2007年は、個人的にはどん底の精神状態の頃。 じつはこの時期、ちょっと「鬱」を発症してて暫く休職し病院通いしてたんですよ。

精神的に病んでた時に追い打ちをかけるように衝撃的な出来事だったな坂井さんが亡くなった事は。

本当は命日の5月27日に、1曲引っ張って来たい・・とは思ってたんだけど、やっぱ平日は忙しくてなかなか書けない・・・・っちゅうことで、遅ればせながら週末の今日になってしまいましたね。

今回引っ張ってきた曲 「君がいない」

実質的なZARDのブレイク曲となった「負けないで」の次のシングルだ。

ただ、今となってはどうも影が薄い1曲ではあるんだよな。 
確かに「負けないで」の大ヒットの余韻を引きずって売り上げこそ80万強なんていう、数字だけ見るとこの曲も大ヒットの部類に入れてもおかしくはないんだけども、如何せん印象が薄い。

今となって数字だけ見ると「そんなに売れたのか」って感じでもあるんだよな。

個人的にこの曲の音源を未だに持っていないんで、曲を聴きこんでいないっていうのも印象に薄い利用の一つかもしれないけど。

逆に言えばヒット当時、それほど印象に残らなかったんでずっと音源を持っていなかったんだよな。


正直、リリースしたZARD側も、それほどヒットにこだわった所も感じない。 

通常、大ヒットの次と言えば「2匹目のドジョウ」を狙い、オリコン連続1位を狙うのが通例。 でもこの曲はオリコン初登場2位。 
しかもその時の1位は、同じビーイング系の「盟友」 WANDSの「愛を語るより口づけをかわそう」だったする。

こんなチャートの動きから見ても、少なくとも初登場1位の連続大ヒット狙いではなかったんじゃないか・・・っていうのも見て取れたりしてね。

まあ、そう見えるのもランキングの動きの結果、後から感じる事なのかもしれないけど。

・・・というのも、WANDSの「愛を語るより口づけをかわそう」は、この「君がいない」よりもリリースが1週早かったんだよね。

こんなリリースタイミングからビーイングとしては、WANDSの次はZARDが1位・・・って言う腹積もりだったのもかもしれない。

ただ、WANDSの「愛を語るより口づけをかわそう」が4週連続なんて予想外()な長期間1位に君臨しちゃったために「君がいない」が1位を取れなかったとも思える。

ちなみに、この「君がいない」は初登場から4週連続2位なんて、この頃にしてはかなり面白いチャートアクションを見せてたりする。もちろん、そのうち3週はWANDSに苦杯を喫していた訳だけど・・・。

いや、それ以上にこの曲がヒットにこだわっていなかったんじゃないかと思える点は、この曲をリリースして、1か月後、間髪をいれずに、あの大ヒット曲「揺れる想い」をリリースしてたりするんだよね。

「君がいない」のリリースから間隔1か月でのリリースなんて、当時としても「え?」と思えるようなリリースタイミングだったんだけども「揺れる想い」は。
でも、既に「ポカリスウェット」のCMで大量OAしてた「揺れる想い」は、インパクト大だったからなぁ。こんなリリースタイミングとなってんだろうけど。

このようにWANDSの「愛を語るより口づけをかわそう」と、自身の次のシングル「揺れる想い」に挟まれた「谷間曲」のような存在に、チャート的な点からも見れるんだよね。

いずれにしても、この曲がヒットしてた頃のチャートを振り返ってみれば、ビーイング系の「黄金期」だったんだよな。
ちなみに、1位 愛を語るより口づけをかわそう  2位 君がいない の時の3位は、1週がDEEN「このまま君だけを奪い去りたい」 2週が大黒摩季「別れましょう私から消えましょうあなたから」。

チャート上位はビーイング系1色だった頃。 まさにビーイング系ブームが頂点を極めてた頃ですね。

正直、このままずっと永遠にビーイング系時代が続くんじゃねえか・・・なんて思い始めてたからなぁ。
それとともに、個人的にはビーイング系の楽曲に急速に「食傷」感を感じてきた頃ですね。

「もういいよ」って感じで。。。



MVの作りをみると、どうしても、デビューしたてのころの倉木麻衣さんとダブってしまう。
いや、逆に言えば倉木麻衣さんってZARDのプロトタイプとも思えるんだよね。 
うん、当初は宇多田を意識して・・とは思ったけど、2作目の「Stay by my side」、3作目の「Secret of my heart」あたりからZARDの匂いが強くなってくる。

もし今でも坂井泉水さんが生きていたらどんな曲を歌ってたんだろう? と思ったりもするけど、倉木さんの曲を見ていれば、もしかするとそれに近い曲をやってたんじゃないか・・・なんても思えたりするんだよな。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

駅 / 竹内まりや

  1991_05_駅_竹内まりや


今回の1曲セレクトは、「駅」竹内まりやです。

まずはデータです。

・タイトル     駅
・アーティスト  竹内まりや
・作詞       竹内まりや
・作曲       竹内まりや
・編曲       山下達郎 服部克久
・リリース日   1991年3月25日
・発売元     エムエムジー
・オリコン最高位 18位
・売上げ枚数 10.7万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 16位
・タイアップ:映画「グッパイママ」主題歌

先日の「関ジャム」(テレビ朝日系」での竹内まりやスペシャル、けっこう反響がでかかったようですね。
ネットニュースなどでもそうだけど、あの後Twitterでの「竹内まりや」さんに関してのツイートも急上昇してましたしね。
実際、コノ、ブログでも、放送後竹内まりやさん関係へのアクセスが一時的に上昇したりしてたなぁ。

実際的な活動は少ない、まりやさんではあるけど、こんな風に各メディアでの動きを見ると、未だに幅広く根強い人気がある事は分かりますね。

仮に、もしライブツアーをやるなんて発表されたら、チケット入手はかなり難しくなるだろうな。 まあ、今のところそんな発表はされてないけど・・・・。

関ジャムでは、竹内まりやさんの人気曲をベストテン形式で発表されてましたけど、その中での人気1位が、今回引っ張ってきた「駅」。

客観的に見ても順当と言えば順当なのかなぁ。個人的には、ちょっと違和感なんだけども。。。。 

いや、どうしてもこの曲ってアルバム「リクエスト」での中森明菜さんに提供したセルフカバーっていう印象が強いじゃないですか。言ってみれば「アルバム曲」であって元々シングル曲ではない。 

あくまでシングル派なワタシにとっては、その辺がちょっと引っかかったりしてね。 実際のところは88年と91年2回シングルとしてアルバムからカットされているんだけども、個人的には今まで書いて無かったんだよな、この曲。

でも、先日の「関ジャム」の反響を見てて、ちょっと、この反響に乗っかってみようか・・・という「スケベ」心と、何人かに書いてって言うリクエストをもらったもんで。。
本来は、あくまで自分で書きたい曲を書くスタンスなんでリクエスト貰っても書かないんだけど、↑のような「スケベ」心もあって、今回引っ張って来てみました。



この曲、いままで書いて来なかったのは、↑のようにシングルではなく「アルバム」の1曲っていう印象が強いのと、あとはやっぱり曲調ですねぇ。 

使い古しないい方だけど、50〜60年代のオールディーズが似あう、あの濡れたちょっと甘く舌足らずなアルトボイス。 やっぱり、竹内まりやってヒトの真骨頂は「リンダ」や「恋の嵐」のようなオールディーズなポップスだと思ってたんだよね。
少なくとも90年代の初めごろまでは。

そんな折、セルフカバーした「駅」は、歌謡曲寄りの曲だったわけでさ、なんか違うな・・・って言う思いは、当時、常にあった。

そう言う思いから、例えば89年の「シングル・アゲイン」にしても同様な違和感があったし、だから長い事「シングル・アゲイン」は手元に音源も置いて無かったしな。


ただ、この考えはあくまで個人的な生理的な欲求であって、曲自体は駄作ではないんだよな。

3分間の短編映画。 それが「流行り歌」である。  その最たる曲がこの曲なんじゃないかなって思えるほど、ドラマ性溢れる「視覚」的な曲なんだよね、この「駅」って曲は。

♪ 身覚えるある〜 ♪ と曲が始まった途端、脳内ドラマが視覚的に始まる。 

2年前に別れた男性との電車内での思わぬ再開。きっと渋谷あたりなんだろう。電車は(渋谷は地上にホームがあった頃の)東急東横線。。。   別れた男性と1両後ろの車両のワタシ。

MVがまだ一般的ではなかった80年代後半。いや逆にイメージが限定される MVなんて無い方がいい・・そう思わせるような、3分間の自由発想なドラマが、この曲を聴くたびに脳内で展開される。

ただ、当時10代後半〜20代になりたてだったワタシにとっては、まだ経験をした事の無いちょっと大人の世界だったな。 いや、まだ経験をした事が無かった大人の世界だったからこそちょっと刺激的だったのかもしれない。

逆にまだ、経験をした事が無かった、ちょっと大人の世界だったからこそ、100%この楽曲の世界にのめり込め切れなかったという部分もあったかもしれない。 
もしかすると、それが上で書いた、この曲に対する「違和感」だったのかもしれないな。



ところで、ヒットチャート的に言えば、この曲はCDの売り上げでヒットしたと言うよりも別のメディアからのヒットと言うところが強い。

・・・なんて遠回しに書いちゃったけど、もともとは「有線」から火がついたんだよね。

当初、87年8月にリリースされたアルバム「リクエスト」に収録されたこの曲ではあったけど、この年の11月には有線チャートで30位にランクされている。
 当時のオリコンウイクリーをひっくり返してみると、そこからジワリと有線リクエストを集めつつ、翌88年3月には有線チャートでベストテン入り。 そのまま7月まで、計36週にわたりベスト30内をキープしている。

個人的には、曲内容云々と言う前に、有線チャートの上位をロングランしたチャートアクションが、真っ先に印象に残るんだよな。この「駅」って言う曲は。

それまで有線ランキングって言えば「演歌・歌謡曲」の天下だった訳でさ。 仮にも竹内まりやさんのような、ポップスミュージック系アーティストがランキングに長躯君臨する世界ではなかったんだよね。

いや確かに松田聖子さんや中森明菜さんなど、ポップス系でも有線チャートの上位にランクする事が珍しくなかったヒトたちも、それ以前にもいた。

ただ、1位をロングランするなどの派手なチャートアクションを展開すると言う訳ではなく、ベストテン内前後にジワリと「長期間安定」するようなチャートアクションを展開したポップス系の曲って、この曲以前って多くなかったんですよ。

ま、87年の「ロンリーチャップリン」(ラッツ&スター 鈴木聖美)など皆無ではなかったけど。。。特に注目したいのは、アルバムの中の1曲だったって言う事で、これは異例だったんだよな。

この「駅」って曲がそんな流れの分岐点だったんじゃないのかなぁ。この曲あたりを境に、有線でもポップス系でもジワリとランキングを上げつつ、上位をロングランする、ロック・ポップス系の曲が増えて行ったんだよね。
90年代初めには「有線発」のヒットっていうのも珍しい存在では無くなって行ったしさ。

で、それらの曲で共通しているのが、兎に角ロングヒットだったってことですね。 有線って言うメディアに特化していると言えるんだろうけど、有線って基本「口コミ」により少しずつ広がりを魅せるメディアだからさ、そう言う動きになるって事でもあるし、そんな口コミに耐えうるような曲の良さ、大衆性がある、何年たっても色あせない曲でもあるって事なんだよね。

だからこそ、この「駅」のように、あれから30年以上たったいまでも広く支持されているエバーグリーンな曲が多いわけなんだよね。



サザン、達郎氏と並んで、オリジナル動画の数が少ない竹内まりやさんですが、この曲はありましたね。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ 懐メロ邦楽へ
にほんブログ村

最近のヒットチャート傾向から見るとグループアイドルブームは終焉する

指原莉乃の卒業で、長すぎたグループアイドルブームは終焉を迎える!?
https://citrus-net.jp/article/81872?fbclid=IwAR19Skv9tLNmB_ReR2uIcj7cZ2Nep7imHME2qG0UbLZ1w7Faf39vpE2cShI

昨年来の、米津玄師やあいみょんの活躍を見る限り、個人的には「グループアイドル」の時代はすでに昨年の時点で終わったと見ていたけど、ココんところの「日向坂46」のデビューシングル「きゅん」のロングヒットやKing & Princeの人気で、完全な終焉は先送りになった様相ではありますね。

ただ全体的なヒット曲の傾向として、ココのところのロングヒット曲の増加は、「アーティストの時代」から「楽曲の時代」へ移った事を確実に示している。 これは同時にアイドルの時代の終焉を意味する事でもあるんだよね。

過去、同様なロングヒット増加による「楽曲の時代」は何回かあった。

例えば

●78⇒80年 ニューミュージックブーム。

●89⇒92年 バンドブーム&ビーイング系ブーム。

いずれもアイドルが「不遇」だった時代だ。...

今のヒットチャート傾向は、この時の傾向に近くなってきており、これらから見るとこの先はアイドルの時代、とりわけ2000年代以降の主流であった「グループアイドル」の時代の終焉は確実なんじゃないか・・と思えるんだよね。


ただし、上記に示した期間の後には、必ず新たな「形」のアイドルが台頭してきている。

●1980年⇒80年代型アイドルの台頭、 

●1993年⇒小室系アイドルの台頭

・・・ということは、来る2020年代、これまでのグループアイドルに代わる、これまでと違った形のアイドルが台頭してくることは期待できる。

その辺りを指摘してきたこのトピックスは日本のヒット曲の傾向をウマく掴んでいて納得できますね。

【キニナル曲】Pretender / Official髭男dism

  201905_Pretender_ヒケダン


まずはデータでする。

・タイトル     Pretender
・アーティスト   Official髭男dism
・作詞       藤原聡
・作曲       藤原聡
・編曲       Official髭男dism
・リリース日    2019年5月15日
・発売元     ポニーキャニオン
・タイアップ    映画「コンフィデンスマンJP」主題歌


キチンとした「キニナル曲」として書くのはいつ以来だろう? 
・・・ってくらい、めっちゃ久しぶりな新曲レビューコーナー。

ま、その間も気になってた新曲が無かった訳ぢゃないんだけども、なかなか時間がとれずにずっと見送ってた訳なんですね。

でも、ココ最近の新曲はいい意味で引っかかってくる曲が多いんで、久しぶりに重い腰を上げてみました。

で、今回引っ張ってきた曲がヒゲダン⇒Official髭男dismの新曲「Pretender」。

じつは、前回「キニナル曲」として新曲レビューしたのが、2年近く前の同じくヒゲダンの「LADY」。

この時は、まだメジャーデビュー前・・というか、メジャーデビューが決まったって・・・頃ですね。 だから、ネット配信に関してはインディーレーベルからのリリースだったわけだけど。

この「LADY」っていうミディアムバラードに、一時期「ドハマリ」しましてねぇ。 まだまだ日本のポップバンドも捨てたもんじゃない・・・って明言したんだよね。

以来、ずっと追いかけてきたヒゲダン。ライブもロッキンとCOUNTDOWN 2回見てきたしな。

その間、メジャーデビューを果たし、昨年のドラマ「コンフィデンスマンJP」の主題歌「ノーダウト」で一躍ブレイク。

まあ、それ以前に書いたように「まだまだ日本のポップバンドも捨てたもんじゃない」っていうのが現実となった訳だけど、正直、当初感じてた感覚よりもブレイクが大きくてちょっと、戸惑ったりもしたんだけどさ。

「ノーダウト」は、その前に嵌まった「LADY」とは180度異なるアッパチューンという振れ幅かデカイというところからこのヒトたちの守備範囲を感じた。 たださ、その次の「Stand By You」がどっちつかずな曲調だったので、正直、一時期はこのヒトたちもココまでかな・・・などと一瞬感じたこともあった。

「LADY」⇒「ノーダウト」の時のような振れ幅がでかい守備範囲の広さというよりも、ライブでのキラーチューン、みんなで盛り上がれるような曲に傾いてきたか と感じられたんだよな。

これはこれで悪くないのかもしれない。 

でも、このヒトたちはノリだけのライブバンドぢゃない。 絶対に聴かせるポップバンドなんだ・・って言う思いは個人的には感じてたんだよね。

そんな思いを、今回の新曲では存分に感じさせてくれる。 

この曲も、昨年同様「コンフィデンスマンJP」の主題歌。 まあ今回はテレビ版ではなく、映画版ではあるが。

でも、昨年の「ノーダウト」のようなアッパーチューンではなく、ミドルポップチューン。

そう、昨年後半「Stand by You」に時に感じた、どこかモヤモヤっとした停滞感は吹っ切れたな・・・と思わせる爽快感溢れるミドルポップチューン。

必ずしもライブでノレる曲ではないかもしれない。 でも、今回の「Pretender」ような、思わず引き込まれるようなメロディアスで直球勝負なポップチューンが本来のヒゲタンなんだ。 

必ずしも最先端な無機質なメロディラインではない。
いつかどこかで聴いたような・・・。同じキーボードを表に出したポップということからか、所々、ビリージョエルを彷彿させるようなメロディ運び。 言うなれば、これまでいろんなアーティストに何回も使いまわされたようなメロディラインと言えるかもしれない。
それでも、思わず、この曲の世界に引き込まれてしまう。 使い古されたようなコトバを使えばキャッチーなんだよな。

これで昨年の「ノーダウト」を上回る様なヒットとなれば、一皮も二皮もむけてくるだろうなこのヒトたち。 いや、それを個人的には期待してるところなんだけどさ。




よろしかったら、ポチッと押してね

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

桜坂 / 福山雅治

2000_05_桜坂_福山雅治


今回の1曲セレクトは、「桜坂」福山雅治です。

まずはデータです。

・タイトル    桜坂
・アーティスト 福山雅治
・作詞      福山雅治
・作曲      福山雅治
・編曲      冨田素弘
・リリース日  2000年4月26日
・発売元    ユニバーサルミュージック
・オリコン最高位 1位
・売上げ枚数 229.9万枚
・THE HITCHART HOT30最高位 1位
・ベストテンランクイン期間:2000年5月11日〜7月20日付
・タイアップ:TBS系「ウンナンのホントコ」内「未来日記后廛董璽泪愁鵐

あ〜、超大型G.Wが行ってしまう。。。。 長いようで短い、充実してた様で、もうちょっとゆっくりしたい・・・そんないろいろと感じさせる大型連休でしたわな。
いずれにしろ、明日からまた日常生活〜と思うと、半分、「脱け殻」な今の気持ちですわ。

あ〜かったりぃ〜。。。。。


そんな事を書いている開けっ放しの窓からは、優しい風が入ってくる。

この優しい風こそが五月の風だね。

今回は、そんな「五月の風」を感じさせるような1曲を一つ。

福山雅治「桜坂」。

もうね、知らん人は居ないわな、この曲ぐらいになると。

ワタシが特段書かんでもええゃろ・・・って感じもしたりして。

だかこそ230万枚、ダブルミリオンなんちゅう、超特大ヒットなこの曲を今まで「1曲セレクト」で書いて来なかった所はある。

いやいや、違うな。 

2000年の今頃と言えば、ワタシメのサイト「THE HITCHART NOW AND THEN」は既に開設していて、当時、コミュニティの場としていた、「CHART BBS」っていう掲示板に、1度書いたんだよな、この曲。

なんて書いたのかはすっかり忘れたけど、今のこのブログの「キニナル曲」カテゴリーに当たる様な初聴の「新曲」レビューとして書いたような気がする。

そういうわけで、1度書いた曲をまた書くのもなんだよな・・・ってことで、その後改めては書いて来なかったんだ、確か。

でも、あれから19年も経ったからなぁ。 随分2000年の今頃当時とは、この曲の感じ方も変わってきたと思うんで、今回改めて引っ張ってきたりして。



この曲、今となっては数ある「桜ソング」の1曲として、春になると毎年のように取り上げられるけど、個人的には、「桜ソング」って言うイメージは全くない。

その一番の要因は、やっぱリリース日だよね。 リリースが2000年4月26日。

東京を含め、関東地方では、桜の季節はすっかり過ぎた頃のリリースですよ。

90年代後半以降、毎年のように雨後のタケノコのようにリリースされてきている「桜ソング」だけど、そのほとんどは、2月〜3月頃じゃん。遅くとも4月頭だよね。

東京を中心に全国的に桜が開花している頃のリリースっていうのが定番。 だからこそ、「桜」のあの淡いピンク色のイメージが曲に纏わりついているわけで。。

でもこの曲はそう言う時期を過ぎた頃のリリースだったんだよな。2000年のG.Wですよ。
ヒットのピークは、5月終わりから6月ですよ。

実際のところ全国的に、桜の花は散って、既に青葉の季節になっているわけじゃん。

そう言うイメージなのよ、この桜坂って曲は。  

そそそ、5月の優しい風に揺れている、青葉の桜並木。  そう言う絵面が浮かんでくる。

だからさ、この曲が「桜ソング」っていうことでセレクトされると、ワタシなんかはちょっと「ちげーんじゃね?」なんて思っちゃう訳なんだよね。

少なくとも、この曲を聴いて「満開」の桜並木の絵面っていうのは浮かんでこないんだよな。

2000年って言ったら、aikoの「桜の時」の方が桜満開っていうイメージだったし。
あの頃は、98年リリースの川本真琴の「桜」っていう曲が、ワタシの中では「桜ソング」として圧倒的に占めていた事もある。

ただ、そう言う事を抜きにしても、やっぱし実際のヒット時期を考えるとねぇ、桜ソングではないんだよな。

例えタイトルがそうであっても、実際のヒット時期っていうのが、そのまま曲のイメージに反映するって事が多いじゃん。
例えば、H2Oの「想い出がいっぱい」なんてさリリースは3月。歌詞の内容もあって「卒業ソング」として扱われる事が多い。 実際、今でもそうなんだろうけどさ。

でもね、ワタシの中ではヒットのピークだった夏の終わりって言うイメージが強い。 夏の終わり、プールから帰りがけでちょっと爽やかな疲労感が漂う夏の午後・・・。 そんなイメージなんだよな、ワタシの中では。

まあ、そんな事を言うと、絶対に「卒業ソング」って反論する人もいるんだけどさ。

同じようなイメージをこの「桜坂」にも感じるのよ。 ワタシの中では、少なくとも「桜満開ソング」ぢゃない。5月の風に揺れる青葉の桜並木のイメージ。

たしかに、 ♪ 揺れる木漏れ日薫桜坂 悲しみに似た薄紅色〜 ♪ っていう歌詞から、桜の花咲き誇っている印象はある。

そんな所から、絶対この曲は「桜ソング」って反論する人もいるんだろうけどさぁ。 感じるところ、曲のイメージっていうのは、個人個人で違ってくる訳だからさ。

いや、そんな事を書いてるワタシも、昔、某着メロサイトのセレクターをやってるとき、ご多分にもれず行った「桜ソング」って言う特集を組んだ時に、躊躇せず、この曲をセレクトしたような・・・気がする。。

いい加減ですね、ワタシも。。

いや、確かあん時は、語呂合わせ、ダジャレを含めて「桜」を連想する曲を片っ端から持ってきたんだよな。マジメな「桜ソング」だけじゃ無かったんだっけ。。



あれ? 1分30秒しかない。。。。
もー、サザンもそうだけど、アミューズのアーティストはイケずなんだからぁ。あれから19年も経ってるし、そろそろMVもフルで公開してもいいんじゃんか〜。

・・・ということで、他のフルの動画



こっちはすぐに消されるかも。。。。

蛇足だけど、2000年は新卒で入社した会社を退職して、1年間、ネットエンジニアの勉強と称してプー太郎をしていた時期だ。
まあ、実際的には自分のサイトの運営を軌道に乗せるべくオフ会を開いたり、オリコンの読者集会に参加したり、ネットワークエンジニア養成の専門学校に通ったり、いろいろと動いてた1年だったんだけど、決定的に「リーマン」に戻った今と違うのは自由だった事だなぁ。
会社と言う組織に束縛されない自由。
そんな自由を一番満期してたのが、この「桜坂」がヒットしていた時期だったかもしれない。

だからさ、この曲から感じるのは、↑で書いたように「5月の優しい風に揺れている、青葉の桜並木」と言う絵面もそうなんだけど、圧倒的に感じるのは「自由」なんだよな。
この曲を聴くと肩から力が抜けて行く感じが分かるんだよね。

もっとも、自由と引き換えに、お金は入ってこなくなった訳で、この自由も1年強で終わらざるを得なかったんだけども。。。。。


よろしかったら、ポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

【キニナル曲】カーテンコール / 浜端ヨウヘイ


  2019_04_カーテンコール_浜端ヨウヘイ_


平成から令和に持って行きたい曲・・。そんな企画を随分やってたけど、今のワタシだったら、この曲かなぁ。
浜端ヨウヘイ「カーテンコール」。

・タイトル         カーテンコール
・アーティスト  浜端ヨウヘイ
・作詞       寺岡呼人
・作曲      浜端ヨウヘイ
・編曲      寺岡呼人
・リリース日   2019年1月23日
・発売元     ドリーミュージック
・オリコン最高位 53位

♪今、幕が下りる 笑顔と涙に包まれて そして次の時代が待ってる〜 ♪

知ってるヒトは知ってるように超ベタなんだけどさ。だからこそこの曲を聴きながら次の時代⇒令和を迎えたい気分なんだよね。

リリースは今年1月だったんで、当初は今年の「卒業ソング」だな・・・と思ってたんだけど、歌詞をよくよく読んで見て、ちょっと違うぞ、卒業ぢやなくて、これは時代の変換点の歌だ。

・・それはまさに「今」なんだよね。 平成と言う時代の終焉と、次の時代⇒令和への変換点。

だとしたら、やっぱ、この曲を訴求なら、まさに今だよね。 ・・・・っつうことで今回引っ張って気んだけどさ。


だけどさ、この曲もっと売れても良いと思うんだけどなぁ。
こういうスケールのでかい心の機微に訴える曲って日本人好きだと思うんだよね。

確かに、東京FMの「スカイロケットカンパニー」で「1月の曲」に取り上げられたこともあってか、FMを中心に曽次用シーズンには局所的に盛り上がっては居たんだけどもさ。全国区としては、もう一つ広がんなってないんだよね。 それが残念。

まあ、たしかに↑で書いたように超ベタだし、もろ歌謡曲的な曲調でもあるんで今の若いコには刺さらないのかもしれないけど。。。


しかしさ、ワタシャ、ホント年取ったのかなぁ、最近この手の曲を聴くと、涙腺が緩むんだよね。




よろしかったらポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

記事検索
livedoor プロフィール

かじやん

QRコード
QRコード